> >

サロンやクリニックでの脱毛。生理中や妊娠中には施術を受けられない?




脱毛サロンやクリニックの中には生理中は施術を行えないとしているところもあります。これはなぜでしょうか。基本的に生理中にフラッシュやレーザーの脱毛の施術を受けても体に害を与えるというわけではありません。サロンやクリニックによってはVIOゾーン以外であれば生理中でも施術可能としているところもあります。

また、妊娠を考えている人にとって、妊娠中に脱毛できるのかどうかは気になるところですよね。現在予定のない人も、脱毛というのは長期間を必要とするのでいつかのために知っておいたほうがいいでしょう。

 

生理中には肌トラブルが起こりやすい

生理中はホルモンのバランスが崩れるため、肌が敏感になります。普段はトラブルなく施術を受けられていても、生理中に受けると炎症を起こしてしまったり、かぶれたりする場合もあるのです。また生理中に施術を受けると、いつもより痛みが激しいと感じる人が多いようです。可能な限り、生理中は施術を控えるべきでしょう。

とはいえ、施術後に次の予約を入れるようになっている場合、1か月以上期間が空くこともあり、生理日と重なるかどうかまで予測できない場合も多いでしょう。直前に生理になってしまったときのことを考えて、キャンセル料がかからないサロンやクリニックを選ぶのもひとつの方法です。

 

妊娠中の施術を避けた方が良いのはなぜ?

では、妊娠中の脱毛は可能なのでしょうか。こちらも、サロンやクリニックのサイトをチェックすると、母体や胎児に影響はないけれど、できれば避けた方がベターとしているところが多いようです。これはなぜでしょうか。

 

妊娠中は脱毛効果が現れにくい

妊娠中はホルモンバランスが変化し、妊娠中に脱毛の施術を受けても効果が現れないことが多いそうです。これはムダ毛が抜けないというのではなく、照射した箇所から、またムダ毛が生えてくる可能性が高いということです。

出産後、頭髪がごっそり抜けてびっくりする……という話を聞いたことはありませんか?これは妊娠中、ホルモンバランスが変化することによって、本来抜けるはずの頭髪が頭皮に残り、出産後ホルモンバランスが元に戻って、まとめて抜けることで起こる現象です。同じように、体毛も妊娠中は抜けにくくなっていると考えることができるのです。

 

脱毛時の体勢が妊娠中の体には負担になることも

また妊娠中は一定の姿勢をとりつづけると気分が悪くなったりすることもあるでしょう。妊娠中にストレスを感じるような行動は極力避けるべきです。妊娠が分かったら、脱毛はお休みして、出産後、体調が整ってから再開するようにしましょう。

 

妊娠中の身体の変化

妊娠中の女性の身体はさまざまな変化が起こり、多くの人が敏感になっているからです。普段は何でもないようなことでも、妊娠中だとトラブルになりやすいのです。

フラッシュ脱毛は特殊な光をお肌に当てるわけなので、そういうときは赤みが出やすかったり、肌トラブルが起こる確率が高くなってしまいます。サロン側も、そこまでの責任は負うことができないので妊娠中の脱毛は遠慮してもらっているというわけなんですね。

妊娠した場合の取り扱いは事前に確認を

を契約するときに契約期間というのがあります。
これはこの期間内でしか脱毛ができないということになります。
妊娠、出産、子育てとなると、何年も通えなくなる可能性が高くなります。
そうなると、その間に契約が切れてしまいますよね。

妊娠する可能性があるかもしれないという方はサロンやクリニックを選ぶときに「期間無制限」で施術を受けられるところを選びましょう。

ほとんどのサロンは妊娠したことが分かると、いったんお休みした後、再開できるようになっているようですが、心配な方は事前に確認しておくとよいでしょう。

 

契約期間のないコースを契約しておくと安心

一番いいのは契約期間自体が定められていないところです。
例えばミュゼプラチナムだと、コースすべてが無期限で利用できるので妊娠などを経てもまた再開することができます。

そしてもう1つ良いところは、解約も簡単にできるところなんです。
もしやっぱり通えないとなっても、解約して利用していない分の料金は返金してもらうことができるのです。

多くのサロンでは解約時に違約金がかかり、手元に帰ってくる分は期待できないことがほとんどです。

続ける自信のない人は、このような返金制度が整っているところを選ぶのがベストですね。

 

ミュゼプラチナムの詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
http://musee-pla.com/

 

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.