> >

エステ脱毛期間中に絶対にやってはいけない自己処理。それはムダ毛を抜くこと



ムダ毛自己処理

 

サロンやクリニックで脱毛を受けて、次の脱毛までの間、やはりムダ毛は生えてきてしまうものです。
いくらなんでも放置するわけにはいきませんよね。
ムダ毛が生えてきたときは自分でムダ毛を処理するしかないのですが、その方法を間違えると、脱毛が効果的に受けられなくなってしまったり、肌への負担が増えてトラブルになったりします。
では、脱毛期間中はどのように自己処理をすればよいのでしょうか?

 

 

脱毛期間中は剃る自己処理に徹しましょう

脱毛期間中にやってもよい自己処理の方法…それは「剃る」ことです。
剃る以外の自己処理方法は、脱毛期間中はやめましょう。
たとえば、毛抜きや家庭用脱毛器での脱毛。

 

抜くとどうなる?

毛を「抜く」という方法は、毛を根本から処理する方法でしたね。
つまり、毛を抜くと肌から黒いところ(毛)が全くなくなるわけです。
すると、エステやクリニックの機械が反応しません。
自分で毛を抜いてしまった毛穴の部分は脱毛ができなくなってしまうのです。

 
剃る方法であれば、黒いところ(毛)が残るので、機械が反応してくれます。

 

 

脱毛クリームもやめておきましょう

抜くのがダメでも、除毛クリームはいいでしょう!と思うかもしれません。
確かに、除毛クリームは毛を根本から抜き去るものではありません。
しかし、最近の除毛クリームは毛根の毛にまで作用する可能性のあるものもあるようです。
そうなると、機械がきちんと反応してくれないかもしれません。

 
また、肌へのダメージを考えても剃るほうがよいでしょう。
脱毛時には、必ず毛を処理する必要が出てきます。
伸ばしっぱなしの毛があると、必要以上に痛みが発生したりします。
前日に処理してくるよう言われると思いますが、その時は必ず剃るという方法にしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.