> >

ホルモンバランスと脱毛の関係。女性には脱毛に適していない時期がある



脱毛サロン

 

脱毛とホルモンバランスの関係はあまり考えたことが無いと言う人が多いのではないのでしょうか。
カミソリで剃るにしても、ワックスやテープ、はたまた脱毛サロンやクリニックに行くにしても、ホルモンバランスが正常な時に脱毛するのが一番いいのです。

 

 

ホルモンバランスが整っている時とは?

ホルモンバランスが整っている時とはどんな時なのかと言うと、例えば生理前や生理中、妊娠中以外の時です。

 

子供の脱毛には十分な注意を

また最近はママと一緒に行くタイプの脱毛プランを打ち出しているエステサロンも多いのですが、子供は大人と違い体の変化も早く、特に初潮を迎えるころになると急激にホルモンバランスが変化します。
それ以前の年齢の子供の場合は、大人より肌の質が安定していないために肌トラブルになってしまう場合もあります。

 

ただお母さんが脱毛をしていると知ったり、見たりすると女の子は年頃になると真似したくなる子も多いですし、脇に毛が生えてきだすと恥ずかしくなってしまい、親も自分が子供の時にそういうのなかったけど、時代は変わったし、せっかくだから脱毛サロンを子供と一緒に受けてみるのもいいかも、と思う人も増えて来ています。

 

薬品と脱毛

ちなみにピルを摂取していると脱毛はできないのでは…?という疑問を耳に挟むこともありますが、ピルを飲むことでホルモンバランスが整えられるので、ピルを摂取していなくて生理周期が乱れている人より、肌が敏感ではない人のほうが多く、よって痛みが出る可能性も比較的低いのでわりあい快適に脱毛を受ける事ができます。
つまり生理前や、生理中などホルモンの分泌が大幅に変化する時に脱毛すると、どのような手段で脱毛するかに関わらず、平常時より肌が敏感になり刺激をより多く感じてしまうようになるのです。

 

 

妊娠中の脱毛

同じ理由で妊娠中の脱毛も控えた方がよいとされています。
ただし生理中の時と同じ原理で肌にダメージを与えてしまうというだけではなく、気分が悪くなりやすい、もしくは悪阻で具合が悪くなるなどの要因もあるので、脇毛を自己処理しても、プロの手に委ねても、可能であればホルモンバランスが整っている時に処理をしたほうが、痛みや乾燥などを引き起こすリスクなしに脱毛ができるので、できるだけ生理中などは外して処理をするようにするのが理想的です。

 

このように、意外や意外というところですが、ホルモンバランスと脱毛処理は知らないところで密接に関わりをもっているのです。キレイな脇を手に入れるためにもホルモンバランスの状態などに気を付けて処理をするのもいいかもしれませんね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.