> >

脱毛後の1週間は特に注意!脱毛直後にやってはいけないこととは?




皆さんは、脱毛の直後にやってはいけないことがあるということをご存知ですか?
脱毛直後にやるべきことは、お肌を冷やした上で消毒を行い、ローションなどで保湿を行うことですが、やってはいけないこととなると、案外ご存じない方も多いのではないかと思います。

 

脱毛直後にやってはいけない2つのこと

脱毛直後にやってはいけないこと。
それは、

1.体温を上昇させる運動
2.日焼け

それでは、なぜこれらのふたつの事柄をやってはいけないのか、簡単にご説明させて頂くことにしましょう。

 

脱毛直後に運動を避けるべき理由

はじめに、運動についてのお話です。
まず、脱毛直後のお肌の状態に着目してみましょう。
カミソリやシェーバーで剃った場合は別として、どのような方法であっても脱毛直後の毛穴は開いた状態であり、細菌が入り込みやすい状態となっています。
だからこそ、脱毛直後にはお肌を冷やし、毛穴を引き締めることが大切であるというわけです。

じゃあ、脱毛直後に毛穴を引き締めさえすれば、運動しても別に問題ないんじゃないの?
そう反論したくなる気持ちはわかります。
では、運動を行うと私たちの身体にはどのような変化が現れるのか考えてみることにしましょう。

私たちの身体は、運動を行うことにより血行が促進され、体温が上昇します。
すると、体温の急上昇を防ぐために汗を分泌させ、熱を体外に逃がそうとする機能が働きます。
このとき、毛穴はどうなっているでしょう?
汗を体外に排出させるために大きく開いた状態となっていますよね?
つまり、そこから細菌が入り込む危険性があるということ。

ということは?
銭湯、サウナ、岩盤浴なども体温を急上昇させ毛穴を開かせますので、脱毛直後は避けることがベストであるということになります。

また、できるだけ飲酒も控えましょう。
飲酒も運動と同様、体温を上昇させ血行を促進しますので、脱毛直後には控えましょう。

 

脱毛直後に日焼けをさけるべき理由

次に、日焼けのお話です。
特に脱毛の前には日焼けをしないで下さいという注意を呼びかけているサロンを多く見かけますが、それにはきちんとした理由があります。

ここではレーザー脱毛を行うものとしてお話を進めて行きます。
レーダー脱毛の原理は、レーザーが体毛の黒い色に反応するという特性を利用し、レーザーを照射することにより脱毛を行う方法です。

つまり、レーザー脱毛を行う直前に日焼けをしてしまうと、レーザーがお肌の色にも反応し、ヤケドなどのトラブルを起こす可能性があるということ。
目に見えないレベルの日焼けであれば問題はありませんが、特に日焼けサロンなどで1年中日焼けを行っている方は要注意です。

また、脱毛直後の日焼けもいけません。
というのは、脱毛直後のお肌は非常に敏感であり、紫外線にも過敏に反応することがあるんです。
つまり、日焼けしやすい状態であり、色素沈着によるシミやソバカスの原因となる可能性があるということです。

極端に神経質になる必要はありませんが、脱毛前後の日焼けは、注意するに越したことはありません。

 
上記では、脱毛前後にやってはいけないことをふたつ例に挙げてお話をさせて頂きました。
脱毛前後の1週間は、なるべく毛穴を開かせない、そして日焼けをしないということに注意を払い、トラブルのないお肌を保ちましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.