> >

徹底比較!エステ・美容外科の脱毛とセルフ脱毛のメリット・デメリット




脱毛には、エステティックサロンや美容外科などでプロに任せてしまう方法、そして、自宅で手軽に行うことのできるセルフ脱毛に分類することができます。
そして、そのどちらにもメリット・デメリットがあります。

それでは今回は、さまざまな脱毛方法のメリット・デメリット、また、脱毛の種類とその効果について、お話をさせて頂くことにしましょう。

 

エステ脱毛のメリット

エステティックサロンや美容外科で脱毛を行うメリットは、なんといっても仕上がりが美しいということ。
主流となっている「レーザー脱毛」や「フラッシュ脱毛」に関して強い痛みを感じる方もいらっしゃるようですが、仕上がりの美しさで選ぶのであれば、やはりプロの技術に勝るものはありません。効果には個人差がありますが、どちらも「半永久脱毛」としての高い効果を期待することができます。これがいちばんのメリットでしょう。

 

美容外科での脱毛のメリット

また、美容外科で行える「ニードル脱毛」は、かなり強い痛みを伴う施術のようですが、美容外科においては麻酔を使用することができるため、痛みを軽減しながら施術を受けることができるというメリットもあります。
現在「ニードル脱毛」は主流であるとはいえませんが、「レーザー脱毛」、「フラッシュ脱毛」と比較した場合には、「永久脱毛」と呼べるほどの効果を期待することができるようです。

また、自分で確認しながら処理を行うことが難しい「Oライン」の処理も綺麗に行うことができるという点も、大きなメリットであるといえるでしょう。

 

エステや美容外科での脱毛にもデメリットはある

でも……。
エステティックサロンや美容外科での施術料金は結構高い。
施術を行う部位にもよりますが、高額な美容機器を導入していることもあり、セルフと比較してしまうとやはり高額になってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんね。

 

セルフ脱毛のメリット

では次に、セルフで行う脱毛のメリット・デメリット、そして効果についてのお話です。
セルフで脱毛を行うことのメリットは、なんといっても安価な材料でお手軽に実行することができるという点です。
また、エステティックサロンや美容外科のように予約がなかなかとれずにイラッとすることもありません。
なんといっても、自分の好きなときにゆっくりと処理を行えばいいのですから。

 

セルフ脱毛のデメリット

このように、メリットを持っているセルフ脱毛ではありますが、デメリットもまた、持ち合わせています。
いちばんのデメリットは、衛生管理の不十分さによるトラブルでしょう。

セルフで行う脱毛には、「カミソリやシェーバーによる処理」、「ワックスによる処理」、「除毛クリームによる処理」などが代表的な処理方法として挙げられますが、どの処理方法で脱毛を行ったとしても、処理後には必ず消毒を行い、細菌が毛穴に入り込むことを阻止しなければなりません。
特に「ワックス脱毛」のあとには、毛穴が大きく開いた状態であり、細菌が入り込みやすくなっています。
案外見落としがちな最終処理が、あなたのお肌を守ることになるということを頭に入れ、正しい処理を行いましょう。

そして仕上がりです。
どの処理方法を選択しても、瞬間的に毛をなくしてしまうことは可能です。特に脇脱毛や腕脱毛などは、比較的失敗の少ない脱毛個所なのではないかと思います。
ところが困ったことに、効果の持続期間が短いというデメリットを持っています。
つまり、こまめなお手入れが必要であるということ。
これを面倒と感じてしまう方は、やはりプロに委ねる方法の選択が無難かもしれませんね。

 

プロの施術と自分で脱毛、どちらを選ぶ?

どちらがどうということはいえませんが、エステティックサロンや美容外科での脱毛は高額な費用を必要とするが、仕上がりが美しい。そして、持続効果が長い。
安価で行えるセルフ脱毛では、予約が必要なくいつでも行えるが、持続効果が短いため、こまめなお手入れが必要。

どちらにもメリット・デメリットがありますので、ライフスタイルに合わせ、無理のない脱毛方法を選択してみて下さいね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.