> >

背中の産毛を脱毛したら、かえって濃い毛が生えるようになるって本当?



ミュゼプラチナム宮崎店
これから体のむだ毛をなくしていくぞ!と脱毛サロンでの光脱毛やクリニックでのレーザー脱毛をしようと思っている人もいるかもしれませんね。

特に背中などは自分ではなかなか処理をしにくい場所になりますので、きれいになったら色々なファッションも楽しめるようになりますし、慌てて処理をしなくては!という心配もなくなります。

 

背中を脱毛するデメリット

ですが、背中を脱毛する際に知っておきたいこともあります。ごく一部の人に硬化毛が発生する可能性があるということです。

全員がなるというわけではありません。

初めて聞いた人はびっくりしたと思います。
脱毛したのに逆に毛が濃くなってしまうかもしれないと考えると怖いですよね。

ですが、光脱毛、レーザー脱毛でもどちらでも可能性としてはあります。
気のせいではなく、明らかにしっかりとした毛が生えてきてしまうという事ですね。

 

硬化毛が生えてくる原因

なぜそのような事が起きてしまうのでしょうか。
まず条件としては産毛で生えている場所に発生しやすいです。
特に背中、腕、わき腹、腰の辺りは硬化しやすいと考えてください。
逆にわきといったしっかりとした毛が生えている部分には発生しないみたいです。

考えられる原因としては光やレーザーを照射することによって弱い熱の刺激が原因ではないかと考えられます。
産毛なので熱が届きにくいのです。
毛穴が刺激され細胞が活発化してしまい、しっかりとした毛が生えるようになってしまうという事が考えられます。

 

硬化毛が生えたときの対処法

このような話を聞いてしまうと産毛程度だしやめておいたほうがいいのかな?と心配になってしまいますよね。
ですがそれなりに対処法はあるようです。

それは照射する熱量を変えて照射する事で改善できる場合もあります。
わざと弱めに照射する、逆に強い熱で照射するといった具合にです。

他にも照射する(脱毛に使用する)機器を変えるということで改善できる場合もあります。
もしくは昔ながらのニードルを使った針脱毛を行うという方法も確実です。

 

脱毛を受ける場合にリスクについて確認しておこう

硬化した毛が生える条件というのは人によって違うようです。
なので脱毛前のカウンセリングの時には事前に硬化があった場合、どのような対応になるのか、確認して判断するのもいいですよね。

元々、背中の産毛は処理するのに時間がかかるとも言われている箇所です。
なので早めに脱毛処理をしておくのはベストです。
ただ脱毛するのではなく、起きるかもしれない可能性、そしてその対処法なども考えておくといざという時に慌てなくても良いので、事前に知っておきましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 背中脱毛

Comments are closed.