> >

こんな場合には背中脱毛できないかも?光・レーザー脱毛がNGのケース



背中脱毛
自分じゃどうにもならない背中の脱毛は、やっぱりエステで脱毛するのが安心。
でも、どんな人でも脱毛できるのか?断られる場合もあるのか気になりますね。

 

背中脱毛 こんな場合には断られるケースも

背中の脱毛を、エステで使用している光脱毛で行う場合に、このような人はもしかしたら断られる可能性があります。
自分では見ることができないところなので、事前にチェックしておくと安心です。

 

日焼けの跡がくっきりしている

日焼けした肌に光脱毛はやけどの危険が伴いますので、断られる可能性があります。
日焼けが落ち着いてから行うようにしましょう。

 

ホクロやシミがある場合

黒い色素だけに反応する特殊な光を使うため、ホクロやシミが沢山ある場合は背中の脱毛ができない場合があります。

ただ、多少のホクロやシミはその部分に絆創膏などを貼ることで脱毛できるので、それほど多くのシミやホクロでない場合は心配ありません。

 

刺青をしている場合

ポイント的な刺青であれば、その部分だけ隠せば脱毛は可能です。
ですが、大きな刺青がある場合は断られる可能性が高くなります。
事前にどの程度の刺青があるか相談して、受けてくれるサロンを探せば大丈夫です。

 

妊娠している

妊娠中は、どの部位であっても脱毛してくれるエステはないと言っていいでしょう。
妊娠中はホルモンの変化によってムダ毛の生え方にも変化がありますので、脱毛効果が得られないということや、肌が敏感になるためです。

 

背中にニキビなどの炎症がある

ニキビはおさまったあとのニキビ痕くらいであれば、脱毛は可能です。
ただ、炎症を起こして化膿しているニキビが沢山できている場合は、皮膚科で治療を行って炎症を抑えてから脱毛しましょう。

 
背中脱毛がNGになる可能性の考えられるケースはこのようなことです。
自分で気をつけられることは、日焼けですね。
真夏に日焼けをしてしまった場合は、背中脱毛をしている間でも断られる場合があり、せっかく順調に脱毛を進めていてもストップしてしまうので非常に勿体ないです。

これから背中脱毛を考えている人は、日焼け厳禁を忘れないようにしましょう。

 

黒い色に反応する光脱毛、レーザー脱毛

エステで行う光脱毛は、黒い色素に反応する脱毛です。
医療レーザー脱毛も、同じように黒い色素に反応する脱毛ですので、注意すべき点はこちらも同じです。

背中のムダ毛の場合は、他のムダ毛脱毛とは違って透明に近い産毛が多いため、回数多くなり、期間も長くなります。
長期間の脱毛の間には、日焼けしてしまう場合もあるでしょう。
どの程度の日焼けなら、脱毛可能なレベルなのかエステサロンで確認しておくことも必要です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.