> >

施術が断られるケースも?!背中の脱毛中の日焼けを避けるべき理由とは



背中脱毛
背中を露出するのは、やっぱり夏が多いでしょう。
すっかり日焼けしてしまい、小麦色の肌になってしまうと、背中の脱毛だけじゃなく光脱毛は危険です。

 

脱毛中に日焼けしてはいけない理由

エステサロンで使用される光脱毛や、家庭用脱毛器の光脱毛、またレーザー脱毛など、光を使った脱毛に日焼けは絶対にNGです。

それは、黒い色素にだけ反応して、毛根を刺激して脱毛するという脱毛方法だからこその注意事項なんです。

黒い色素は、ムダ毛、シミ、ホクロなど黒っぽい色には全て反応してしまいます。
ムダ毛だけに反応する特殊な光があれば、日焼けの心配なんてしなくていいのでしょうけどね。

とにかく、光脱毛をするつもりなら、ウデや足の日焼け止めだけじゃなく、背中の日焼けもしっかりガードしておかなければいけません。

 

日焼けした肌で光脱毛を行うとどうなる?

日焼けした肌では、エステサロンなどでは脱毛を断られることもあります。
だからと言って、家庭用脱毛器でも日焼けした肌に使用するのはとても危険だから止めましょう。

日焼けした肌に光脱毛を行うと、どんなことになるのか。
それは、ズバリ「火傷」です。
黒い色素にだけ反応する特殊な光ですが、肌が黒ずんでいると肌全体に反応してしまいます。
すると、毛根の黒い色素だけじゃなく肌全体に熱を帯びてしまうんです。

 

肌の色が心配な場合には脱毛器の出力レベルを下げて

ただ、どの程度が脱毛できないレベルの日焼けなのか、自分ではわかりにくいですよね。
それに、肌の色は人それぞれです。
しっかり日焼け止めをしたつもりでも、もともと肌の白い人もいれば、浅黒い肌の人もいます。

エステでは、プロが判断してくれるので、その点は心配ないです。
家庭用脱毛器の場合は、機種によって違いますが、取扱説明書の注意事項の中に日焼けのレベルが色でわかるように示してあるので、それを参考にしてみるといいでしょう。

もしも、自分の肌がもともと黒いと自覚している人は、火傷のリスクを少なくするために、光の出力レベルを小さくして、脱毛後のアイシングを丁寧に行うなど、細心の注意を払うようにしましょう。

 

脱毛をスタートするなら冬がオススメ

光脱毛には、日焼けが厳禁ということから、脱毛をスタートする季節は日焼けの危険が少ない冬がおすすめです。
でも背中の脱毛は、ワキや手足の脱毛とは違って時間がとても長くかかります。
1年や2年かけても、完全に脱毛するのは難しいといわれるほど時間がかかるわけです。
それほど長い期間が必要になるのであれば、夏にも脱毛を受けなくてはいけませんね。

光脱毛を検討している人は、日焼けを避けることだけは常に意識しておく必要があることを忘れないようにしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 背中脱毛

Comments are closed.