> >

ブライダルシェービングで背中まで美人。ウエディングドレスを美しく着よう



背中脱毛

 

エステにしても、クリニックにしても、背中の産毛まで完璧に脱毛するためには、一定の時間がかかります。
結婚式前に、「脱毛が間に合わない」と、なげいている方におすすめの「ブライダルシェービング」。
カミソリを使用した処理方法ではありますが、プロに施術をお願いする分、剃り残しがなく、キレイに処理できるのが魅力です。
さらに、背中のホワイトニング、トリートメント、パックとあわせて申し込みをすることで、毛穴や角質も除去できるため、より美しい背中を実現。
アップスタイルにした時、意外と目立つ、うなじの産毛やフェイシャルコースとの合わせ技も人気のようです。

 

 

その日に向けてまず予習!ブライダルシェービングの基本の流れ

いざ、ブライダル前になって、慌てることがないように、一般的なブライダル背中シェービングの流れを予習しておきましょう。

 

1:まずカウンセリング

本格的なブライダルエステ、となると、事前の打ち合わせが入ります。
「シェービング」に重きをおいたコースの場合は、当日カウンセリングだけですむことも。
予約の電話の時に、肌質、結婚式の日取り、「カウンセリング」とはいかないまでも、簡単な質問をうけるお店もあります。
いずれにしても、施術の前のどこかでは、お店の方とお話をする【カウンセリング】の機会があるはず。
お肌の状態、産毛の生え方、コンディションなど、必ず確認してくれるので、安心です。
不安なことは、遠慮せずに質問をして、その場で全て解決しましょう。

 

2:洗浄・クレンジング

シェービングの前に、お肌の表面の汚れを落とす行程です。
普段、お風呂で洗うときには、落としきれない、毛穴の奥の汚れまですっきりと。
スチームをあてて、お肌の表面を柔らかくしたり、簡単なマッサージを行って、血行促進したり、と、お店によって、手法、流儀は異なります。
トリートメントの申し込みをしている場合は、クレンジング前に、スペシャルケアが入る、と、考えればいいでしょう。

 

3:シェービング

ビファーケアが終わったところで、ようやくシェービングに入ります。
I字のカミソリで処理をするお店が多いのですが、セルフケアと違って、優しく、お肌の表面をなでるように処理するため、痛みはほとんど感じないはず。
カウンセリングの時に、ドレスの形状を伝えておくと、範囲を考慮してもらえるケースもあります。
クレンジングの時に、しっかり毛穴を開いているから、剃り残しが少なく、滑らかなお肌に変身。
背中の凹凸にあわせたシェービングは、プロだからこそ、なせる技です。

 

4:クールダウン・保湿

シェービングをした後は、お肌が敏感な状態、ブライダルシェービングでは、赤みや火照りが残らないよう、念入りにクールダウンを行います。
全体の熱がとれたら、たっぷりと保湿をして、滑らかな手触りに。
アフターケアも、お店によって、違いが大きく出る部分で、パックをしてくれたり、ツボ押し、アフターマッサージがつく場合もあります。

 

5:お仕上げ

美容液やローション、パウダーなどで、お肌を保護、処理のお仕上げをしたら、ブライダルシェービングは完了です。

 
「どこのエステに行ったらいいか分からない」という場合は、ウエディングプランナーさんや、結婚式場の係の方、業界に詳しい人に相談してみるのも1つの手です。
提携しているエステを、紹介してもらえる場合もあります。

 

背中脱毛には時間がかかる

背中のシェービングではなく、脱毛したほうが後々ラクになるので、どうせなら脱毛しちゃいたいと思う方も多いかと思います。
しかし、脱毛を完了させるためには1回の来店で終わるわけではなく、回数を重ねる必要があります。
結婚式が決まってそれから通おうと思っても、それまでに完了する可能性は大変低いですよね。
なのでいつか結婚式でウエディングドレスを着たいと思っているならば、できるだけ早めに脱毛しておいたほうが良いというわけなんです。

でももし結婚式が間近に迫っていて、どうしても脱毛したい!という場合の対処法もあるんです。
脱毛は照射から2週間ほどで毛が抜けてきます。
毛が抜けると次の毛が生えてくるまでその状態が約1か月ほど続くんです。
なのでそれに合わせて脱毛するのもいいかもしれませんね。

 

和装でも背中脱毛はした方が良い?

ここまでウエディングドレスを着る場合についてご紹介してきましたが、実は和装でも脱毛はおすすめなんです。
着物の場合、襟をぐっと落として着ますよね。
そんなときにうなじから背中にかけては結構大胆に開いているので、ムダ毛が気になってきます。
このように和装の場合も背中のシェービングは行うものなんですね。

しかも白無垢となると、背中のほうまでおしろいを塗ることになります。
そのおしろいを美しく塗るためにもシェービングは必要なのです。
そんなときに脱毛ができていれば、さらに美しく仕上がるしとっても楽ですよね。
ブライダル脱毛と言えばまだ結婚も考えていないのにハードルが高いと思ってしまうかもしれませんが、いつかのときのために今から準備しておくのもいいのではないでしょうか。

 

自己処理にデメリットだらけ

カミソリなどを使ったムダ毛の自己処理は肌を傷つける行為で、あらゆる肌トラブルの原因になってしまいます。
ムダ毛だけを剃っているつもりでも、肌表面の一部を一緒に削り取っていますし、不衛生な道具、場所で処理することで、傷ついた肌にばい菌が入り込み、肌荒れを起こします。
また、背中は自分で処理するのがとても難しい部位なので、誤って切ってしまうこともあるかもしれません。
どうしてもムダ毛を処理したい場合は、専門の技術がある人に、専門の方法で処理してもらうのが一番安全です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.