> >

背中の産毛にエピラット脱色クリームを試してみました。体験談をお届けします



脱色クリーム

 

「背中の毛を放置するのは嫌だけど、お肌に負担がかかる自己処理は不安」、そんな方の選択肢の1つに「脱色クリーム」があります。
除毛クリームのように、ムダ毛を溶かすわけではなく、あくまで「脱色」が目的の商品です。
「眉ブリーチ」のムダ毛処理版、というイメージで、比較的お肌には優しいのが特徴かと思います。

 

 

染めるだけでどこまで目立たなくなるの?

気になるのは、「どこまで毛が目立たなくなるのか?」というところ。
実際に「エピラット」の「脱色クリーム」で背中のムダ毛脱色に挑戦、体験談と実感、効果についてまとめてみました。
夏に向けて、背中のムダ毛の処理方法を検討している方、脱色クリームを使った処理の効果が気になる方、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

 

エピラットで検証!ムダ毛脱色クリームって効果はあるの?

エピラットの脱色クリームは、「敏感肌用」「5分で脱色可能なスピーディータイプ」、2種類が用意されています。
はじめて、挑戦する方は、念のため、一番マイルドなタイプからはじめるのが、自己処理の鉄則、エピラットなら「敏感肌用」です。
今回、私が使用したのも、このクリームです。

 

 

色はやや茶色に変わりました

肝心の効果ですが、初回の使用で、背中全体の毛が、やや茶色になったことを感じました。
もともと、細い毛・産毛だった部分は、目に見えた効果が見られませんが、太くて目立つ毛の色が薄くなるだけでも、結構、パット見の印象が変わるものです。
クリームを放置している10分間は、やや刺激を感じ、不安でしたが、洗い流した後は、赤くなったり、肌ダメージは残っていません。
臭いについても、当然、いくらか、鼻をつく臭いはあるものの、我慢できないほどの刺激臭は、ありません。

 

 

効果から考える!脱色クリームはこんな人におすすめ

私感ですが、ムダ毛脱色クリームは、一定レベルまで、毛の色を薄くする効果があると思います。
継続して使用していくことで、外国人の毛のような、ゴールド、栗色への変化も期待できるかも。
毛が細く、柔らかく見えるため、あからさまに「毛深い」という印象は避けることができるはずです。
クリームをぬるだけなので、広い部位の脱毛にも便利。

 
まとめると、「気軽に、少し背中のムダ毛を目立たなくしたい」、と考える人には、ぜひ検討頂きたいアイテムだと考えます。
唯一、かつ、最大の弱点をあげるとすれば、「色を薄くする」にすぎない、というところ。「背中の産毛をなんとかしたい」「完璧な背中脱毛を目指したい」という方への、お悩み解決策にはなりません。

 
 

脱色剤が向かない人もいます

また頭髪用の脱色剤と一緒で、しみたりして肌に合わない、という人もいるのであまり肌の弱い人にはお勧めできません。
ムダ毛用脱色剤は比較的肌が丈夫な人で、かつ肌が白目の人に向いています。色白で毛が黒いからこそ目立つのであれば、毛の色を抜けば目立ちにくくなるだろうという発想です。
海外などでは色白の女性の場合この方法でムダ毛を処理する人も少なくないそうです。肌はわりと強いけれども、剃るのは苦手…という人で利用します。

 

 

費用は数百円、難しい技術も要りません

かかる費用も数百円で経済的で、かつムダ毛の成長速度は頭髪のそれよりもはるかに遅いため、髪のように「わープリンになってしまった…」なんてことにもなりにくいのです。
使い方も頭髪用脱色剤と全く一緒で、まず肌に異常が出ないかどうか、実際に使う24時間前に一度パッチテストを行います。

 

翌日特に異常が見られなければ、脱色剤を利用してみましょう。
いざ利用するとなったら、後は頭髪用とやり方は一緒です。頭髪の場合はなりたい明るさに応じて放置時間に差がありますが、ムダ毛用の脱色剤の場合は放置時間は10分と決まっている製品が多いです。
毛はあるけど見えない・・・という方法もありかと思います。是非試してみましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.