> >

背中の自己処理トラブルを避けたいなら、できるだけ回数を減らしてアフターケアを徹底して



背中脱毛

 

背中の自己処理のトラブルは、とても悲惨…。背中のムダ毛の濃い女性が言いましたが『背中のムダ毛の薄い女性にはわからないこと』だと言っていました。

 
そのキモチ、わかります。私も誰よりヒザ下のムダ毛が濃く、悩んでいましたから。そうなったら脱毛エステに通うのが一番。そうすればムダ毛の悩みが跡形もなく、解消されます。でも個人の事情で行けない人も…。
そのような方のために、背中の自己処理のトラブルを避けるために守るべきことを紹介しましょう。

 

 

生理前・生理中は背中の自己処理をやらない

生理前・生理中は、背中の自己処理をやらないようにしましょう。この時期は、肌がデリケートになっているので、トラブルのもとになります
生理中はパートナーとのスキンシップもない時期。日焼けでしみができやすい時期でもあります。背中の露出を避け、自己処理を控えるようにしましょう。

 

 

背中のムダ毛を抜かない

背中のムダ毛を抜かないようにしましょう。背中に限らず、抜く行為はお肌に負担をかける最悪の行為です。よけい毛穴が目立つ、炎症するので、絶対やらないようにしましょう。

 

 

背中のムダ毛を剃るなら間隔をあける

背中のムダ毛を剃るなら、毎日やらず、間隔をあけてやりましょう。特にムダ毛の濃い人は、毎日のシェーピングでお肌を痛めてしまいます。
出来る限り回数を減らすのがおすすめです。

 

 

シェーバーの消毒をやる

背中の自己処理に使うシェーバーは、しっかり消毒をやりましょう。水洗いし、消毒。しっかり乾燥させた後、保管します。

 
使ったままのシェーバーは、雑菌がついています。次のシェーピングで使うと、毛穴を炎症させる原因に。シェーバーの清潔を保つようにしましょう。
もし切れ味が悪くなったら、替え刃を交換します。できるだけスムーズに処理できるよう、マメに交換するのをおすすめします。

 

 

背中のアフターケアをしっかりやる

背中を自己処理したあとは、アフターケアをしっかりやりましょう。自己処理あとの背中は、肌バリア機能が低下しています。肌バリア機能のおとろえは、肌トラブルの原因に。おとろえさせないよう、ローション・クリームでしっかり保護し、肌バリア機能を高めましょう。

 

ちょっと気をつけるだけでも変化は大きい

背中のムダ毛を自己処理するときに最低限守りたいことを紹介しました。少し気をつかうだけでずいぶん違うはずです。私も脱毛エステに通うまでは、ヒザ下の処理をやっていましたから。
もし根本から改善されたいのなら、脱毛エステに通いましょう。見違えるほどキレイになりますよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.