> >

キレイに安全に背中脱毛をやるために。背中の日焼け止め、塗り漏れには絶対注意



背中脱毛

 

背中脱毛をエステでやろうと思っているけど、脱毛期間中にやってはいけないことがあるのかな。そのような疑問をお持ちの方もいるでしょう。私もはじめての脱毛エステのときは、そう思いましたよ。

 
どうせやるなら、キレイに安全にやりたいですよね。ここで紹介するのは背中の脱毛効果を高めるためにすべきことでもあります。
ここではキレイに安全に脱毛やるために、背中脱毛期間中に注意すべきことを紹介しましょう。

 

 

背中脱毛期間中、日焼けは絶対ダメ

背中の脱毛期間中は、絶対に日焼けをしてはいけません。脱毛器は、黒いものに反応します。日焼けすると肌に反応してしまい、光が分散される結果に…。脱毛しづらいだけでなく、やけどする恐れもあります。

 
もともと背中のムダ毛は薄く、脱毛器が反応しづらいパーツ。さらに日焼けしやすいところです。少しでも背中のムダ毛を効果的に脱毛するなら、絶対に日焼けをしないようにしましょう。
海やプールなど露出が欠かせないシーンも、脱毛期間中はラッシュガードを着る…などの工夫をしましょう。少しの日差しも許さない!くらいのキモチで日焼け対策するのをおすすめします。

 

 

背中を保湿する

脱毛期間中は、背中をしっかり保湿しましょう。保湿は、やけどを防ぐ、脱毛の光をしっかり毛根に届けられます。日焼けは肌の乾燥を招くので、絶対にやってはいけません。

 
保湿が足りないと、脱毛をやってもらえないことがあります。次回の予約は数か月先に…。背中脱毛は、他の部位より期間がかかるパーツ。少しでも早くやりたいのに、脱毛期間が延びてしまいます。

 
さらに保湿が甘いと、サロンの高額ローションを勧められることも…。市販のもので十分なので脱毛効果を高めるために、必ずやりましょう。

 

 

背中のムダ毛を抜かない

背中のムダ毛を抜かないようにしましょう。剃る処理はOKですが、抜くのはいけません。

 
背中の自己処理アイテムで気になるのが、脱毛タオルです。ムダ毛を絡め取って、手軽に背中を剃ることができます。剃るだけなら問題ありませんが、うっかりぬけてしまうことも…。そうなると脱毛完了までに時間がかかってしまいます。

 
背中の自己処理をやるのなら、シェーバーで肌を痛めないようにやるのがベストです。
少しでもキレイに安全に背中脱毛やるためのポイントを紹介しました。脱毛期間の延長にも関係することなので、確実に守りましょう。そうすればつるつるの背中が手に入りますよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 背中脱毛

Comments are closed.