> >

背中ニキビが多すぎると背中脱毛を断られる?背中の産毛を上手に処理する方法



背中脱毛

 

背中ニキビは手ごわいもの。
その理由は、大人ニキビであることが多いからです。

 
大人ニキビは生活習慣の乱れやストレスでできやすいのが特徴。思春期ニキビはできなかったのに、大人になってからできるようになった…。
そのような人で背中ニキビができる人が多いのでは?

 
大人ニキビのできる背中は、とてもデリケート。刺激を与えずに、皮脂の汚れをキレイに取り去るのが大切です。そんな背中ニキビのある背中を脱毛したら…大丈夫なのかな。ひどくならないのかな。
ここではそのような疑問を抱える方のために、背中脱毛を背中ニキビの関係を紹介しましょう。

 

 

カミソリの背中ムダ毛処理と背中ニキビの関係

背中のカミソリムダ毛処理をやると、背中ニキビができやすくなります。その理由は、カミソリ処理が肌バリア機能を奪ってしまうからです。

 
本来、肌には『肌バリア機能』があります。衰えてしまうと、雑菌に対する抵抗力がなくなり、背中ニキビの原因に。ムダ毛をなくせても、背中ニキビを悪化させてしまいます。
背中に限らず、カミソリ処理は避けるべき。背中ニキビにカミソリムダ毛処理はやめましょう。

 

 

除毛クリームの背中脱毛と背中ニキビの関係

背中の除毛クリーム脱毛は、背中ニキビに使えません。除毛クリームは、『お肌にやさしい』と称されていても、強いアルカリ性成分でできています。炎症している背中につけると、弱いアルカリ性にさえ、敏感に刺激を感じます。

 
刺激を感じるのは、肌に合わない危険信号。使い続ければ、さらに悪化します。背中ニキビのある背中に、絶対に使わないようにしましょう。各メーカーでも、炎症しているところの使用を禁止しています。

 

 

脱色剤の背中脱毛と背中ニキビの関係

除毛クリームと同じく、脱色剤も強いアルカリ性。背中ニキビのあるところに使えば、悪化させてしまいます。そもそも背中専用の脱色剤は売られていませんが、健康な肌であれば、トラブルがでないことも…。私もおなかのうぶ毛に使いましたが、キレイに脱色できました。
背中ニキビのあるところに、脱色剤は絶対に使わないようにしましょう。

 

 

背中の脱毛エステと背中ニキビの関係

背中の脱毛エステに行けば背中ニキビを改善されます。その理由は、自己処理がなくなる、ムダ毛の間で繁殖していた雑菌を減らせるから。

 
脱毛エステでは、背中のムダ毛を『永久脱毛』できます。ムダ毛がなくなるほど、ニキビ菌の繁殖できる環境がなくなります。自己処理のように肌を痛めないので、肌バリア機能が高まり、雑菌に対する抵抗力もつきます。

 
ただあまりひどいと、脱毛してもらえないことが。フラッシュの光が、肌を刺激し、悪化してしまう可能性もあります。ある程度のものならやってもらえることもありますよ。まずはサロンのスタッフに相談しましょう。

 

 

脱毛後の保湿はしっかり

もし背中ニキビを気にするようなら、脱毛後の保湿をしっかりやりましょう。背中ニキビの原因は、皮脂のつまりと保湿の足りなさです。

 
紹介したように、背中の自己処理はおすすめできません。脱毛エステで背中脱毛やってもらうのが、ベストです。保湿をしっかりやれば、脱毛効果が高まる、ニキビ改善につながります。
脱毛サロンの方針ニキビの程度の関係は、さまざま。まずは相談してみるのが一番ですよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.