> >

恥ずかしすぎるOライン脱毛の体勢。カウンセリングで紙ショーツのチェックを!



Oライン脱毛

 

Oラインはデリケートゾーンの脱毛の一部で、肛門周りの脱毛になります。
普段人に見せることはおろか、自分でもなかなか見ることがないOラインですが、やっぱり気になるのは脱毛するときの体勢ですよね。
もう絶対に恥ずかしいこと間違いないこの部分の脱毛ですが、一体どのようにして脱毛するのでしょうか。

 

 

カウンセリングで確認を

まず、Oラインの脱毛をするときはほとんどのサロンで紙ショーツを渡されます。
まれに何も履かずに脱毛するサロンもあったりするので、注意が必要です。
なぜなら、この紙ショーツがあるのとないのでは、恥ずかしさが断然違うからなんです。
これは脱毛が始まってから発覚したのでは遅いので、気になる方はカウンセリングの時に確認してみてくださいね。

 
上の服ですが、こちらはもしデリケートゾーンのみの脱毛だったら着ていてもOKのところがほとんどです。
上半身の脱毛も一緒にする場合は巻きタオルのようなものを巻いて施術をします。

 

 

Oライン脱毛施術の様子

施術の時はその格好で、ベッドの上にうつぶせになります。
そして紙ショーツを少しずらして、お尻のお肉をぐっと持ち上げて脱毛していきます。
想像しただけでも恥ずかしい体勢ですが、これはもう仕方のないことだとあきらめるしかないですね!

 
Oラインだけ脱毛する人というのはなかなかいないと思いますが、最近ではデリケートゾーンすべてを脱毛するというのが流行っています。
VIOやハイジニーナと呼ばれ、各サロンもいずれかの名称でコース設定がされているところも多くなってきました。

 
このようにサロン側も力を入れている場合が多いので、施術者が多いのも事実です。
こういうサロンだと、スタッフも施術に慣れていて安心してお任せができるのではないでしょうか。

 
施術の順番も、多くのサロンではまず仰向けになりVラインからで、次にIラインを脱毛します。
そして最後にうつぶせになってOラインという流れになっています。
いきなりOラインからだと抵抗がありますが、Vラインから始まって徐々にハードルが高くなっていくという感じなので、心の準備もしやすいのではないでしょうか。

 
とはいってもツルツルを目指すならだれでも通る道。
恥ずかしいのは仕方のないことですが、戸惑っていても仕方ありません。
多少の開き直りは大事ですね。
ここはもう手馴れたスタッフの方に身をゆだねて、ばっちり脱毛してもらいましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Oライン脱毛

Comments are closed.