> >

Oライン脱毛後のアフターケア。おサボリすると黒ずみや肌荒れの原因に?



Oライン脱毛

 

 
脱毛は、処理して終わりではありません。
肌ダメージを減らし、お肌の状態を整えるアフターケアが何より大切、刺激に敏感なデリケートゾーンであればなおさらです。
ケアをなまけてしまうと、黒ずみやニキビ、肌荒れの原因になり、「ムダ毛はなくなったけど、お肌がぼろぼろ」という事態になってしまうかも。
今一度、肌ダメージをブロックする、Oライン脱毛のアフターケアのポイント、一緒に確認をしていきましょう。

 

 

その1 脱毛直後は冷やすこと

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、脱毛の施術を受けた後に、照射部分が火照っていると感じたことはありませんか。
この火照りは、レーザーの光は毛の周りの皮膚にもあたってしまうので、軽度のヤケドの状態になることで起こるもの。
うっかりヤケドをした時と同様に、冷たいタオルでクールダウンをして、症状の緩和と肌荒れを予防してください。

 

 

その2 下着の締め付け・化学繊維を避けること

下着の締め付け、肌との摩擦は、黒ずみの原因になります。
コットン生地や綿の下着、吸水性に優れた下着を選択して、蒸れやかぶれを予防しましょう。
下着の中が汗ばむような激しい運動も、脱毛直後はNG。
レオタードやトレーニングパンツを着てのジムに行くのも、当日だけは、避けたほうが無難です。

 

 

その3 キーワードは保湿と保水!ローションでケア

Oラインの脱毛や自己処理した後には、ローションで保湿と保水を忘れずに行います。
お顔のように、たたきながらパッティングするのではなく、お尻の上を滑らせるように塗り、自然の浸透力を利用して、保水をすると効果的です。
せっかく浸透した水分を逃さないよう、保水の後には、クリーム、乳液でふたをするのをお忘れなく。
乾燥がお肌にマイナスなのは、お顔もお尻も同じです。

 

 

その4 直射日光は避けること

脱毛直後は、お肌が非常に敏感な状態、直射日光は避けるようにしてください。(※Oラインを直射日光にあてる人はいないと思いますが念のため)
お肌への影響を考慮するなら、プールや海に行く直前のムダ毛ケアは、NG、少なくとも2〜3日前には処理をすませておくことをおすすめします。

 

 

その5 お風呂は事前にすませておく

脱毛直後に、シャワーでキレイに洗い流す、アフターケアとしては間違っています。
お風呂の中は、湿気が多く、雑菌が繁殖しやすい環境、処理をした毛穴から汚れが入っては大変です。
お風呂の中で処理をするのも、同様の理由からNG。
入浴は事前にすませてから脱毛(自己処理)を行い、「どうしても洗い流したい」という方は、ぬるめのシャワーでさっと洗い流す程度にすることをおすすめします。

 

その6 Oラインを清潔に

トイレ後はしっかりキレイにしてください。Oラインは汚れやすい箇所ですから、排泄物が残らないように注意してください。
ただ、自己処理の場合もそうですが、脱毛直後のお肌はとってもデリケート。ただでさえデリケートな場所なだけに、トイレ後にティッシュで強くゴシゴシ拭いてはいけません。できればウォシュレットでキレイにやさしく洗い流しましょう。

 

小さなケアの積み重ねが大事!

最後のケアまで行ってお手入れが完了、と意識することが大切、
一回一回は小さなダメージでも、蓄積すると大きな違いになるものです。
ケアの積み重ねが、トラブルのない、なめらかなお尻を作る、と心得て、一緒に頑張っていきましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Oライン脱毛

Comments are closed.