> >

ムダ毛処理の定番、カミソリ、シェーバー、除毛クリーム、ワックスの正しい使い方



脱毛クリーム

 

脱毛をしたいけど、美容外科やエステに行く時間がない。
そのような方は、どうしても自己処理に頼らざるを得ないのではないでしょうか。

ここでは、自己処理としてポピュラーなカミソリやシェーバーによる処理、除毛クリームでの処理、ワックスでの処理についてお話をしていきます。

 

 

カミソリの基礎

まずは カミソリのお話です。現在市販されているカミソリには、「日本カミソリ」と「安全カミソリ」に大別されています。
「日本カミソリ」には、刃をガードする部品の装着がなく、素人が扱うには少々危険。カミソリの取り扱いに慣れていない方にはおススメできません。
一方「安全カミソリ」には、刃をガードする部品が装着されているため、カミソリの取り扱いに慣れていない方でも、比較的安心して使用することができます。

 

カミソリを使用する際の注意点

カミソリを使用する際には、お肌をしっかりと温めておくことがコツ。
また、剃り始める前に薄くクリームをつけておくことにより、カミソリの刃の刺激からお肌を守ることができます。
そして剃る際にはお肌を軽く引っ張って伸ばし、ゆっくりと処理を行ってください。
そして最も肝心なことは、力を入れて剃らないこと。
力を入れないとそれていないような気持になるかもしれませんが、カミソリの刃が摩耗していない限り、きちんと剃れています。
また、カミソリは水洗いしないこと。カミソリは金属ですので錆びてしまう可能性があります。

 

 

電気シェーバー

シェーバーには「ボディ専用」、「顔専用」、「ボディ・顔兼用」の種類がありますので、目的に応じ、ご自身にとって使いやすいシェーバーを選びましょう。
それでは、処理を行う際の注意点を挙げてみることにしましょう。
シェーバーには、水洗い可能なタイプとそうではないタイプがありますので、購入の際にきちんと確認しておきます。
剃るときの注意点は、カミソリとほぼ同様ですが、シェーバーの刃は思いのほか高速で作動していますので、力を入れてしまうと瞬時にしてお肌を傷付けてしまう恐れがあります。
くれぐれも力を入れ過ぎないこと。
また、同じ部分に対して長時間使用することはおススメできません。
カミソリもそうですが、同じ部分だけに負荷をかけ過ぎると、その部分が黒ずんでしまうことがあります。

 

 

毛を溶かす除毛クリーム

これは「溶かす処理」で、お肌の状態や質によっては薬剤に過敏に反応し、炎症などのトラブルを引き起こすこともあります。
特に説明書に明記されている貼付時間を超えた場合には、普通肌の方であってもなんらかのトラブルが起きる可能性があります。
貼付時間の厳守、これは基本中の基本ですので、しっかりと頭に入れておきましょう。
また、使用後にはお肌に薬剤が残らないよう、きちんと洗い流し、消毒用エタノールなどで消毒を行ったのちに、ローションなどで保湿を行って下さいね。

 

 

とにかく痛いワックス

「ワックス」は薬剤で脱毛部分を固め、一気に抜いて処理を行う方法です。カミソリで脇毛を剃るよりも、はるかに処理の回数も少なくて済むので、ワックス脱毛はある意味めんどくさがりの人に適していると言えます。頻度が少なくて済みますし、毛根から毛を取り除いてくれるので、次に毛が生えてくるまで時間がある程度空きます。

ですが、この方法はあまりおススメすることはできません。
というのは、お肌への刺激があまりにも強いから。
痛みを伴う上に処理後には毛穴が開いた状態になり、非常に細菌が入り込みやすい環境が整います。
つまり、処理後には「除毛クリーム」と同様、消毒を行い、絞った冷たいタオルで毛穴を引き締めたあとに収れんローションでお肌を整える必要があるということです。
また、お肌への刺激が強い分だけ、トラブルも起こりやすくなります。

特にお肌の弱い方は、この方法での脱毛はやめておいたほうがよいでしょう。大切なお肌を守るためにも、お肌をいたわりながら正しく脱毛処理を行いましょう。



でも、どうしてもワックス脱毛をしたいという方の為に少し注意点やコツを説明します。 

お店で見ていると簡単そうに思えるけど…

セルフでワックス脱毛をする前に一度プロにワックス脱毛をしてもらいベースをキレイに脱毛したり、またプロがどんな風に脱毛をするのか見て自分にもできそうか観察する・・・という人もいますよね。
実際ワックス脱毛をお店でやると、すっごく単純で、ワックスを塗ってしばらくおいてから布と一緒にワックスを剥がすだけだった、私でもできそうな感じだと思ったという感想が非常に多いです。
しかしながらこの単純に見える作業は気を付けないと肌トラブルの原因になってしまうこともあります。

 

ワックス脱毛で重要なのが剥がすとき

ワックス脱毛で重要な鍵になってくるのは、毛の生えている方向にそって剥がすことです。
毛の流れに沿ってまずはワックスする部分をブロック分けする必要があります。
鏡で脇をじっと観察して、どの部分の毛がどういう流れで生えているのかまずはじっくり観察しましょう。
その上でワックス脱毛をすれば効果的ですし、おかしな方向でワックスを剥がして肌を傷つけるリスクも減ります。

 

生理前後のワックス脱毛はやめておきましょう

また生理前後にワックスをするのも考え物です。というのは生理の時期はホルモンのバランスも乱れ、より痛みに敏感になります。
これは脇だけではなくて全身のどの部位でも言えますが、生理前後だと痛みが普段より増すだけではなく、脱毛したことでお肌も乾燥しやすい状態になっています。
生理でもそのような状態に陥るので妊娠中や出産後も控えたほうがいいでしょう。せっかく脇毛がなくなっても、肌が荒れては元も子もありません。

なおワックス脱毛に限らず、脇毛の処理はお肌に負担をかけて乾燥してしまうこともしばしばです。
脇毛の処理が終わったら必ずローションなどで保湿をするのを忘れないように気を付けましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.