> >

脱毛クリームは毛を溶かして除毛するもの。刺激の強さに炎症を起こすことも



脱毛クリーム

 

あなたは、ムダ毛処理に脱毛剤や除毛剤を使用していますか?
そして、それらを使用するとお肌が赤く炎症を起こしたり、ヒリヒリしたり、かぶれたことはありませんか?
万が一そのような症状が出てしまった場合には、それは脱毛剤や除毛剤に配合されている成分に問題があることが考えられます

 

 

「チオグリコール酸カルシウム」「セタノール」

多くの脱毛剤や除毛剤には「チオグリコール酸カルシウム」、「セタノール」という成分が含まれています。

 

「チオグリコール酸カルシウム」

これはアルカリ性の物質で、毛の成分であるタンパク質を溶かす作用を持っており、強い刺激性の化学物質です。そのため、敏感肌の方やもともとアレルギー体質の方がこの成分が配合されている製品を使用した場合には、上記のような過敏な反応を示すことがあるようです。
ただし、この成分が配合されている製品であっても、医師の処方がないと購入できないということはなく、一般的なドラッグストアなどでお手軽に購入することができます。
つまり、それほど神経質になる必要がない成分であると考えることができます。

 

「セタノール」

これはアルコールの一種で、牛脂などの動物やパーム油などから採取されます。実は、この成分はありとあらゆるコスメやせっけんなどに配合されており、それらを使用する以上、避けることは難しい成分です。
また、この成分は以前ではアレルギー指定成分でしたが、現在では外されています。
この成分もまた、敏感肌やアレルギー肌の方が使用した場合には、過敏な反応が起こることもあるようです。

 

 

毛が溶けるくらい強い刺激があるものと心得て

そもそも脱毛剤や除毛剤は毛を溶かして除去するものですから、なんらかの刺激はあって当たり前です。

お肌になんらかの問題を抱えている方が上記の成分が配合されている製品を使用する際には、できる限りパッチテストを行い、お肌の状態を確認したうえでの使用が望ましいといえます。

また、上記以外の成分に関しても、まったくアレルギー反応が起きないという保証はありません。成分に関して心配なのであれば、まずは皮膚科で成分を調べてもらい、使用の是非を診断してもらうとよいでしよう。

さらにお肌に問題を抱えている方の場合には「レーザー脱毛」など、お肌に刺激を与えることにより過敏な反応が起こることもあるようですので、自己判断に頼ることなく、必ず皮膚科での診察後に施術を受けることをおススメします。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.