> >

「カミソリで毛が濃くなる」は嘘?「太くなる」は本当?対策法教えます



ムダ毛自己処理

 

カミソリやシェーバーでムダ毛を剃り続けると、逆に濃くなる。
このような話を見聞きしたことのある方は多いのではないでしょうか?
でも、それって本当の話?

 

 

カミソリで毛が濃くなることはありません!

結論からお話ししますと、剃り続けることでムダ毛が濃くなることはありません。

ムダ毛をお手入れした後に、再びムダ毛が生えてくると何だか濃くなったような気がしますが、カミソリを使ってからムダ毛が濃く見えるのは、剃った後の毛の断面面積が大きくなった事が原因です。

なぜ、切り口の面積が大きくなってしまうのか?
それは剃り方に問題があるんです。

 

 

カミソリ、シェーバーでも除毛方法

まず、ムダ毛処理を行う際には、該当部分を温めてお肌を柔らかくしておく必要があります。
そして、カミソリやシェーバーを優しくお肌に当て、毛が流れている方向に剃ります。

ここからが肝心。
次に逆方向から剃りますが、お肌を軽く引っ張るようにして毛穴を露出させる気持ちで剃っていきます。
このときにお肌を温めておいたことにより伸縮性がよくなり、剃りやすくなっていることが実感できるのではないかと思います。

くれぐれもカミソリやシェーバーをぎゅうぎゅうお肌に押し付けないこと。
少々面倒かもしれませんが、この剃り方であれば切り口の面積は小さくなり、毛が濃く見えることありません。

 

 

濃くなることは無いですが、毛が太くなることはある!

剃り続けることで毛が太くなることはあるようです。
これは、身体の保護機能が働くから。
顔のウブ毛や体毛はなぜ必要のでしょうか?
それは、外部から受ける刺激(汚れとなる物質、化学物質)からの防御、そして体温調節のためです。
つまり、カミソリやシェーバーで剃り続けるとこのような防御本能が強く働くことがあるということです。
カミソリやシェーバーでのお手入れはお手軽ではありますが、正しい剃り方をマスターし、しっかりとお肌を保護してあげましょう。

 

 

じゃあ、抜いても濃くはならない?

同じムダ毛処理ではあっても、剃るのと抜くのとでは大違い。
剃った場合、お肌は多少なりともダメージを受けますが、抜いた場合ではお肌がダメージを受けることはなく、毛が濃くなるということもありません。
抜いた場合にダメージを受けるのは組織を生成する「毛乳頭」であり、この部分にダメージを与え続けると毛を生成する機能が弱まり、やがては生成することができなくなる場合もあるようです。

ですが、素人がセルフで毛を抜いてしまうと「埋没毛」や「炎症」というトラブルに見舞われかねません。

どうしても抜いてしまいたい場合には、衛生管理の整った美容外科やエステティックサロンでの施術が妥当であるといえるでしょう。

 

ムダ毛が濃くなる理由はお手入れだけが原因ではない!

10代にムダ毛のお手入れを開始した20代の女性は、脚のムダ毛が昔よりも濃くなってきたと感じることが多いのですが、その理由は「女性のオス化」が原因にもなっています。
近頃、女性のオス化が話題となっていますが、本来女性は脚のムダ毛は男性と比べて薄いはずなのですが、まるで男性のムダ毛のように鋭く濃くなってしまう女性もいますよね。
オス化の原因はストレスによる「ホルモンバランスの乱れ」です。20代の女性は、社会人として働き始めたり、家庭を持つなど環境の変化が大きい年代です。

常にストレスを抱え込んでいくうちにホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが増えてしまうとムダ毛はどんどん濃くなってしまうのです。

さらに、不規則な食生活を続けていくことでもメラニンが過剰に生成されるため、ムダ毛が濃く目立ちやすくなってしまうんですよ。ですから、美しいムダ毛のない美脚を目指すためには、生活習慣や食生活にも気を付けましょうね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.