> >

Vラインの長さを整えるなら断然ヒートカッター!もうハサミには戻れない!



ムダ毛自己処理

 

気になっていたVラインの脱毛期間がようやく終わった!
でも、Vラインを脱毛しただけで安心してはいけません。
アンダーヘアの処理は一生続くのですから!

 

 

範囲が小さくなればなるほど長さが目立つ

Vラインの範囲が広いと、アンダーヘアの形は上から下に向って2辺が短い二等辺三角形のような形になりますが、範囲が狭いと2辺が長い二等辺三角形になります。
そのため、少し伸びただけでも長さが目立つようになってしまうので、範囲を狭くした人ほど、こまめに長さのお手入れをしているようです。

 

 

アンダーヘアをハサミで処理してチクチクした経験、ありませんか?

アンダーヘアはハサミで処理せずに、専用のカッターやトリマーを使いましょう。

 
電動トリマーなら、簡単にムダ毛を短くすることができますが、切り口がハサミで切った時と同じような状態になるので、チクチクしやすいです。
おすすめはヒートカッターです。
針金のような熱線にカバーがついていて、安全にムダ毛をカットすることができます。
ムダ毛を刃物で切るのではなく熱線で焼ききるので、切り口もとがらず、チクチクを最小限に抑えることができます。

 

 

ヒートカッターの種類

ヒートカッターには寿命があり、使えば使うほど切れなくなってしまいます。
熱線部分が交換できるものと、本体ごとの交換が必要なものがあります。
熱線部分の交換の方が手軽そうですが、本体ごと交換できるタイプの方が本体価格がかなりお安いです。

 
以前使用していた熱線交換タイプは本体価格が9,800円でしたが、本体ごと交換タイプは1,480円。長い目で見たら熱線交換タイプの方がお得に思えますが、衛生面を考えると、本体も定期的に交換したいところです。

 

 

ヒートカッターはどこで購入できる?

家電量販店でも販売していますが、オススメはやはりネットでの購入です。
「ヒートカッター」で検索すれば、目移りするくらいたくさんの製品がヒットします。

 
購入の際に必ずチェックして欲しいことがふたつあります。
ひとつは、電池式か電源式かというところ。
便利なのは電池式。電源コードが必要な場合、立ち上がった状態でムダ毛を処理するのが難しくなります。

 
もうひとつが、一度に処理できる範囲。
範囲が大きければ大きいほど短時間で処理することができるので、できるだけ大きいものを選びましょう。
前述の9,800円の方は4.2cm、1,480円の製品は約2.5cmとかなり差がありました。

 
価格の差は性能の違いにも出ているようです。
ですが、今現在気に入っているのは2.5cmの方です。
相性や、どこまでの性能を求めるのかにもよりますが、ヒートカッターは高ければ良いというものでもないようです。

 
ヒートカッターを1度使えば、もうハサミには戻れなくなると思います。
VIOラインのお手入れは面倒ですが、楽しみながらできるようになると良いですね!

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.