> >

除毛クリーム脱毛クリームは上手に使えば綺麗に仕上がるオススメの自己処理方法



脱毛クリーム

 

みなさんは、ムダ毛の処理に「除毛クリーム」を使ったことがありますか?
「放置時間が寒い…」「うまくできずに毛が残ってしまった…」「液がたれてきて汚れた!」「ニオイがきつすぎる」など、使ったことのある人は色々な感想があると思います。
簡単そうに見えて、意外に使いこなすのは難しいのかもしれません。
しかし、除毛クリームが上手に使えるようになると、とても楽にお手入れができると思います。

 

 

除毛クリームはどのようにして毛を処理しているのでしょうか?

たまに、除毛クリームは根こそぎ毛を取り去る「脱毛」ができるクリームだと思っている方がいるようです。
が、それは間違いです。除毛クリームは、あくまで「除毛」なので、皮膚の表面にある毛を処理しているだけなのです。

 

除毛クリームが毛を溶かしているのです。
毛を溶かす薬剤ですので、お肌への負担がゼロというわけではありません。
薬剤が合わない人もいるので、必ずパッチテストをしましょうね。

 

 

パッチテストで問題がなければ、いざ除毛!

清潔なお肌の上にクリームを塗ります。
このとき、少し面倒で扱いにくくてもヘラを使ったほうがいいですよ。
手で塗ってしまう人もいますが、爪などについてしまうと爪が傷みます。
そして、除毛クリームを使う上でぜひ知っておいてほしいのが、「除毛クリームをケチらないこと」です。

 

除毛クリームはたっぷりと

高価な除毛クリームもあり、もったいないとおもってうっすらと塗っていませんか?
これではどんな高級な除毛クリームでも毛はきれいに処理できません。
除毛クリームの使い方を見てみてください。
だいたい「毛が隠れるくらい」と書いてありませんか?本当に毛が隠れるくらい、多すぎるんじゃないかな?と思うくらいの量をつかってみてください。
とても綺麗に処理できます。
除毛クリームで、「毛が残った」「ぜんぜん綺麗に処理できない」という人は多くの場合使う量が少ないことに原因があるようです。

 

 

放置時間は説明書に従って

そして、放置時間は短すぎても長すぎてもいけません。
表示通りの放置時間で除毛クリームを除去しましょう。
放置時間が短すぎると、毛が処理しきれずに残ってしまいます。
逆に長過ぎると、お肌を傷める原因になってしまいます。

 

除毛後のお肌はとてもデリケートです。石鹸などを使って除毛した部分をごしごし洗うのは絶対にやめましょう。保湿をしておくことが肝心です。
除毛クリームで上手に処理できると、広範囲がいっきに綺麗になります。
脱毛のような痛さや、剃ったあとのチクチクジョリジョリもないので、お肌に合えばおすすめのムダ毛処理方法といえます。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.