> >

毛抜きから家庭用脱毛器まで「抜くムダ毛処理方法」綺麗になるけど肌負担は大



セルフ脱毛

 

「剃る」という方法と同じくらいメジャーなムダ毛処理方法として、「抜く」方法が挙げられるのではないでしょうか。
一言で「抜く」といっても様々な方法があります。

 

 

様々な抜く方法

その一例を紹介します。
・毛抜きで抜く
・家庭用脱毛器で抜く
・家庭用ワックスで抜く
・サロンのワックスで抜く
…などです。
まず、毛抜きで抜く方法についてメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

 

毛抜きのメリット

毛抜きで抜くメリットとしては、細かな箇所のお手入れができることがあると思います。
眉毛を剃っていると、失敗して眉毛をすべて剃ってしまった…などという経験があるかもしれません。
毛抜で1本ずつ抜けば、そういった失敗はありません。
剃りあとで青黒くなるということがないのもメリットですね。

 

広範囲の脱毛はツラい

しかし、逆に言えば広い範囲を毛抜きで1本ずつ抜こうとすると膨大な時間がかかってしまいます。広範囲の処理に毛抜きでのお手入れは向いていないでしょう。
また、剃り跡で青黒くなることはなくても毛穴が赤く腫れてしまうことはあり得ます。
そこにも注意したいですね。

 

 

家庭用脱毛のメリット

次に、家庭用脱毛器でのお手入れについてメリットとデメリットを考えてみます。
家庭用脱毛器のメリットは、広範囲でもしっかりと毛を抜くことができることです。
毛抜きで1本ずつ抜くことを思えば、ずいぶんスピーディーで楽に処理ができるはずです。
お値段も2万円前後と手がでないほど高いわけではありません。
毛根から抜くので、生えてくるスピードも遅く、剃った時に比べてチクチクしません。
最近は傷みが軽減されるように工夫されている脱毛器もあります。

 

肌トラブルも自己責任

デメリットとしては、やはり毛穴が赤く腫れたりする肌トラブルが挙げられます。その他に、埋没毛も家庭用脱毛器でのお手入れで発生することが多いそうです。

 

 

ワックス脱毛のメリットデメリット

次に、家庭用ワックスとサロンでのワックスのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

ワックス脱毛のメリットは、家庭用脱毛器と一緒で広範囲を一気に脱毛することができます。
また、生えてくるスピードも比較的遅く、ツルツルの肌が長持ちします。
さらにサロンでのワックス脱毛は、熟練のスタッフにあたるとあまり痛くないのだとか。
デメリットとしては、毛穴のトラブルやワックス剤が肌に合わないかもしれないということです。

 

家庭用ワックスを使って自分でお手入れするときは、一気にはがすことに恐怖心を持っているとうまくはがせず失敗する可能性が大きいです。
(家族や友達に頼んでも、その家族や友達がためらって一気に剥がせないこともしばしば。)
「抜く」方法も様々なので、あれこれ試してみてもよいかもしれません。
ただし、どの方法も剃るよりは絶対に痛いので痛みに弱い人はよく考えてからトライしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.