> >

子どもの肌はデリケート!肌にやさしい脱毛方法にはどんなものがある?




プールの授業が始まる季節になると、ムダ毛を気にする子どもが増えてきます。自然のままだと学校でからかわれることもあるので、本人にとっては深刻な問題です。しかし、デリケートな子どもの肌は、無理に脱毛しようとすると傷ついてしまうことがあります。どのような脱毛法を選べば、肌に優しくキレイにしてあげることができるのでしょうか?

 

子どもも利用できるサロンが増えている

自己処理による脱毛は、大人でもトラブルにつながりやすいものです。ましてや、大人に比べて肌の薄い子どもなら、尚更ダメージを受ける可能性は高くなります。費用や時間に余裕があれば、プロにお任せしたほうが安心です。
近頃では、なんと3歳の子どもでも施術を受けられるサロンが増えてきました。痛みを感じにくい機械(ハイパースキン脱毛)を導入しており、ストレスなく通えるので人気は上々です。お肌にやさしいことから子供だけでなく敏感肌の女性にも人気の脱毛方法です。このハイパースキン脱毛を採用しているサロンで有名なのがディオーネです。

ハイパースキン脱毛で有名なディオーネの公式サイトは以下です。
http://www.datsumousalon-dione.jp/

また、エピレのキッズ脱毛は7歳から施術が可能です。親子同時に申し込めば割引になったり、1回分の施術がタダになったりして、料金の面でもかなりお得になってきています。この機会に、思いきってお子様の脱毛を考えてみるのも良いのではないでしょうか?

未成年のサロン脱毛は親の同意があればOKです

エステサロンの場合には、保護者の同意があれば未成年でも施術を受けることが可能になります。
なかには先ほども申し上げましたが3歳や7歳からできる、という脱毛サロンもあります。ただし、中学校以前に施術を受けた場合、施術後に性毛が活発になってくる時期になりますから、施術箇所の毛の再生する可能性はきわめて高いということをあらかじめ認識しておかなければならないでしょう。
これに対して、高校生ぐらいだと、自己処理によって生まれる毛周期のずれというものがなく、永久減毛の効果がより顕著にでやすい、といわれています。

サロンで脱毛を考えている場合は日焼けに注意

子供は大人に比べて日焼けしやすい環境で生活しています。学校では元気に校庭で走り回ったり、体育の授業で外で運動したり、夏はプールの授業などもあります。保護者のほうで日焼け対策など、しっかりと子どもに施していくことが重要になってきます。

自己処理をする場合の注意点

なんらかの事情でサロンに通うことが難しいという場合は、自宅で自己処理をすることになります。しかし、大人と同じように考えていると思わぬトラブルを招くことがあるので注意が必要です。
脱毛の方法ですが、剃る、抜く、溶かす、はがすといったやり方は絶対にやめましょう。子どもの肌はとてもやわらかいので、傷ついて炎症が起きたり、毛穴がダメージを受けて埋没毛になったりする可能性があります。

比較的負担が少ないのは

・豆乳ローション
・家庭用フラッシュ脱毛機

の2つです。

 

豆乳ローション

豆乳ローションは、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンの力に着目した製品です。
ムダ毛が濃い人は女性ホルモンの働きが弱く、男性ホルモンが活発になってしまっているので、女性ホルモンを外部から補ってムダ毛を抑制しようというわけです。
肌に優しいし、塗るだけなので簡単。ただし、効果の表われ方がゆるやかなので、即効性を求める場合にはあまり向いていません。

 

家庭用フラッシュ脱毛機

次に、家庭用フラッシュ脱毛機です。
ケノン」や「ノーノーヘア」などが有名ですが、他にもいろいろなメーカーから販売されています。
サロンで使用しているのと同じ原理で脱毛ができるので、効果の高さは抜群です。また、ショットの強さをダイヤルで自由に決められることから、子どもの肌に合わせた低出力での脱毛が可能となっています。

 

子どものムダ毛処理は肌にやさしい方法で!

子どもの薄くてデリケートな肌を守るためには、なるべく負担のかからない方法をとることが必要です。余裕があればサロンを、自宅で処理する場合も皮膚や毛穴を傷つけるやり方は避けるようにしましょう。

 

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.