> >

そろそろワキ毛のケアも必要?中学生のムダ毛処理・脱毛はどうすべき?




中学生のムダ毛に対して、今の保護者はどう対応しているのでしょうか。
現在中学生の親たちは、脱毛エステへ通ったりしてムダ毛のお手入れをするのがあたり前の世代です。
自分の子どものムダ毛に対しても、気をつかいきちんとお手入れさせる親が多いですが、全く無頓着な保護者もいます。
中学生である子ども自身も気にする子と気にしない子と人それぞれですが、以前と比べてムダ毛に対する意識は強くなっていると思います。テレビや雑誌で脱毛器の広告や特集が組まれ、インターネット上で脱毛器のバナー広告などを見慣れているのですから。

 

そろそろムダ毛が目立ち始める中学生

大半の中学生は、すでに初潮が始まっています。初潮が始まれば、ホルモンが分泌されるようになり毛が濃くなってきて、ムダ毛が目立ってきます。身体が成長していく上で誰でも通る道ですが、思春期ど真ん中の中学生女子はムダ毛に抵抗があります。
毛の濃さは人によって違い、それが自分の個性だと認められれば良いのですが、毛が濃い女の子は思いつめるぐらい心配するものです。
脱毛したいのだけれど、方法がわからない。親に相談したけれど、まだ早いと反対される。
自分のお小遣いの範囲内で処理したいので、安くできる方法はないか。親に聞いても方法がわからなかったなど、実に様々な悩みを抱えています。
昨今は無毛が衛生的だという風潮になってきているので、尚更気にするのかもしれません。
また、急激に自分の身体が大人に変化していくことの嫌悪感もあるのでしょう。

 

肌がデリケートだということに留意したムダ毛処理を

中学生に適応したムダ毛処理は、シェービングが一般的です。除毛クリーム、脱色クリーム、毛抜き、家庭用脱毛器、脱毛サロンなど選択肢はたくさんあります。しかし、まだ成長段階で肌が薄くて弱い中学生は、あまり強い薬や刺激を与えると肌トラブルを起こしてしまいます。もう少し大きくなれば、肌も丈夫になり多様な脱毛方法を試してみることができます。自分でお金を稼ぐこともできるので、価格の高い脱毛方法にもトライできるで
しょう。
しかし、ムダ毛のことでいじめにあっていたり、深刻な問題を抱えている子どもには、親が適切なアドバイスをし、いろいろな脱毛方法を提示してあげることも必要になってきます。

 

ワキだけでもそろそろ処理を

逆に、全く無頓着な女の子もいます。これはこれで悩みがなく問題ないのですが、ワキの手入れだけは怠らないようにしましょう。体育やプールの授業、部活など半袖になる機会が中学は多いです。自分で何も処置していないのなら親が見つけてさりげなく声かけしてあげることが大事です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.