> >

子供のムダ毛、自宅での処理は一長一短…最も適切なのはどの方法?




子供脱毛の方法は、自宅でカミソリや電気シェーバー、家庭用脱毛器、もしくは脱毛クリームなどを使って処理する方法と、子供でも施術をしてくれるエステサロンで本格的に脱毛する方法にわかれます。

お子さんのママさん自身がエステサロンでの脱毛を経験しているのなら子供脱毛も検討される方もいるでしょうが、多くのご家庭では自己処理の脱毛方法を選ばれると思います。

子供のムダ毛処理をご家庭でする場合のメリット、そしてデメリットを比較してみましょう。

どんな方法で子供の脱毛をしたらいいのか、参考にしてください。

 

1. カミソリで処理する

メリット

・体育の授業、プールの時間がある、そんな時に一時的ですが素早く処理できます。
 T字タイプのシェーバーは、安全性の高いものが増えているので、自己処理する危険は少なく、大変に安価というメリットがあります。

・人に見られずに、素早くこっそりと処理できるので、コンプレックスを人に知られずに処理したいお子さんには良いです。

 

デメリット

・カミソリの刃で、肌の表面のバリア機能を傷つけてしまうので、敏感肌になってしまう可能性があります。
 もともと肌が敏感なお子さんには、この方法はリスクが高いです。

・手軽にできることで、頻繁に処理してしまうので、その結果、柔らかい産毛状態のムダ毛が、硬くなってしまい、濃くなったような感じになることがあります。

 

2. 脱毛クリーム

メリット

・カミソリで処理するよりも、ムダ毛が濃くなりにくいので、濃く見えやすい手足の脱毛には向いています。

・肌の表面が傷つきにくく、怪我の心配もありません。

 

デメリット

・製品によっては、ムダ毛を溶かすような強い薬剤を使っているので、お子さんの肌がデリケートだと荒れてしまうこともあります。

・お子さんが1人で使うには注意が必要なので、手軽な脱毛を希望している方には、向いていません。

 

3. 家庭用脱毛器

メリット

・エステサロンと同じような機能をもっている脱毛器もあり、お子さんの肌にダメージを与えずに安全に脱毛できます。

・脱毛効果が長く続くので、自己処理をすることが苦手でもムダ毛の悩みから解放されます。

 

デメリット

・お子さんが使用することの安全性を保証していない脱毛器があるので、万が一のトラブルは自己責任で使用しなくてはいけません。

・脱毛効果が出るまでに、ある程度の時間が必要になるので、お子さんの急な要望には応えられないということがあります。

 
家庭でお子さんの脱毛をする時に、考えられるメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.