> >

子供脱毛を考えている女の子は必読!親にナイショで脱毛サロンに通う事は不可能



子供の脱毛

 

子供の脱毛が人気となっていますが、“親にはナイショでサロンに通いたい!”と考えている子もいますよね。
近頃は、1000円以下で脱毛体験が行えるというエステサロンの広告も多いので、“おこずかいの中で脱毛することができる!”と思ってしまいがちです。

 

 

親の同意書は法律によって定められた決まり

しかし、未成年の方がエステサロンで脱毛するためには、「親の同意書」が必要になります。例え、高校生でアルバイトをしてお金を自分で稼いでいる場合でも、未成年者の契約には同意書が必要であることが法律で定められていますので、万が一子供だけで契約が結べるようなエステサロンに出会った場合には、トラブルのもとになりますので利用してはいけません。

 

 

年齢制限があるエステサロンもあります

また、多くのエステサロンでは年齢制限を設けていますので、該当年齢に達しない場合は、親の承諾を得ていても断られるケースがあります。

 
大手エステサロンを例にしてみると、ミュゼプラチナムは16歳以上、脱毛ラボは12歳以上となります。
キッズ脱毛のプランを設けているエピレでは、7歳以上と比較的低年齢の方も受け入れていますが、一般的には小学生の脱毛は行っていないサロンがほとんどです。

 
厳しいご家庭では、子供がエステだなんて・・・と否定される事もありますが、同意書なしでは脱毛することが出来ませんので、きちんと親御さんと話し合いをしてムダ毛に悩んでいることを伝えましょう。

 

 

エステがダメなら脱毛器?肌ダメージについて考えよう

脱毛エステがダメなら、家庭用の脱毛器でムダ毛をキレイにしたいと考える子もいますが、その脱毛器は肌に優しい製品ですか?
現在は、通販サイトを利用したり、電気ショップで簡単に家庭用の脱毛器を手に入れることが出来るようになりましたので、おこずかいやお年玉で購入する子もいます。

 
しかし、一般的に販売されている脱毛器の多くは、子供向けの脱毛器として作られていないため、肌への刺激が強すぎて痛みや炎症を引き起こす可能性があります。

 
また、正しく使わなければヤケドを負うこともあり、最悪の場合には傷あとが残ってしまうこともあります。ムダ毛の処理のせいで、病院に通わなければならないなんて嫌ですよね?

 
自己処理によるお手入れをする場合には、どんなムダ毛ケアグッズを使うにせよ肌への安全性を第一に考えましょう。後悔しないためにも判断が難しい時には、やはり親御さんに相談するのが一番ですよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.