> >

思春期の子供のワキ毛処理はどうする?ケアしたいと思う気持ちは大人も子供も同じ



子供の脱毛

 

子供のムダ毛で、親子ともに悩みとして抱えがちなのが「ワキ毛」です。
思春期と呼ばれる小学校高学年から中学生にかけては、成長期になりますのでワキ毛が生えてきます。

 

 

ワキ毛の処理は女性のエチケット

親世代の女性もムダ毛に対する意識が高まっていますので、ほとんどの女性はワキ毛を処理していますよね?ワキ毛を処理することがエチケットにもなっていますので、子供だからといってワキ毛をそのままにしておくのは可哀想な事です。

 
思春期を迎える子供は、身体と心の変化に戸惑いや不安、苛立ちを抱えやすい年頃になります。女の子は特にワキ毛が生えてきたことに恥ずかしさを感じやすいので、一番身近な存在であるお母さんが、娘さんの立場になって優しくアドバイスしてあげるようにしましょう。

 
ワキ毛が生えてくることは当たり前です。そして、ワキ毛を処理したいという気持ちも女の子なら当然です。決しておかしな事ではないことを上手に伝えるようにしましょう。

 

 

子供のワキ毛処理はどうする?おすすめのお手入れ方法

学校では、プールの授業など肌を露出しなければならない事がありますので、ワキ毛が生えてきた時は必要に合わせて処理するようにしましょう。

 
子供のワキ毛処理として最もポピュラーなお手入れ方法は「カミソリ」です。
T字タイプのカミソリは、比較的安全なので慣れてくれば簡単にケアできるお手入れ方法ですが、カミソリや毛抜きは肌を傷めやすいので、ムダ毛処理にはオススメする事が出来ません。

 
毛抜きを使って1本1本抜いていく子もいますが、子供の皮膚はデリケートなので、大人よりも炎症を引き起こしやすいため注意しましょう。

 
自己処理のお手入れとして、子供の肌でも安全に使えるのは「電気シェーバー」です。

 
剃毛タイプの電気シェーバーなら、カミソリのように直接皮膚に刃を当てる事がありませんので、安心して使用することが出来ます。ただし、脱毛タイプの電気シェーバーは、皮膚を強く引っ張ってムダ毛を抜いていきますので、肌負担が大きいため使用は控えましょう。

 
生え始めの子供のワキ毛は、大人ほど濃くありませんのでシェーバーで処理するだけでも十分目立ちにくくなります。また、電気シェーバーは、安い製品なら一台3,000円程度で購入することが出来ますので、お子様専用にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 
使い方だけに注意すれば、肌を傷めず手軽にケアできるお手入れ方法となります。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.