> >

子供のムダ毛に悩む親保護者が知っておくべきこと。ムダ毛が濃い原因は遺伝?病気?



子供の脱毛

 

子供のムダ毛を気にする親御さんもいますが、ムダ毛の濃さは個人差がありますので、生まれつき薄い子もいれば濃い子もいます。

 

 

ムダ毛の濃さは遺伝が影響しています

子供のムダ毛が濃い原因は、ほとんどの場合は「遺伝」によるものです。
両親のムダ毛が薄い場合は、“どうしてこの子だけ濃いのかしら?”と不思議に思うケースもありますが、遺伝は両親だけではなく祖父母からの影響を受けることもあるので、親子でも違いが現れます。

 
当然、兄弟によってもムダ毛の濃さが変わりますので、極端に濃い場合やお子さん自身が気にしていなければ心配する必要はありません。

 

 

多毛症の可能性も

しかし、例外として「多毛症」によって体毛が濃くなるケースもあり、重度の場合は専門機関での治療が必要です。
多毛症は、男性ホルモンが過剰分泌されることで軟毛が硬毛に変化し、女性でもヒゲのように硬くて太い毛が生えてきてしまうといった症状が現れます。

 
健康な女性でも男性ホルモンは作られているのですが、卵巣あるいは副腎の疾患によって男性ホルモンが過剰に作られてしまうこともあり、多毛の症状だけではなく月経異常、肥満、ニキビ、頭部の脱毛なども伴うため、病気の疑いがある場合は早期に正確な診断を受けるようにしましょう。

 

 

成長期の子供の脱毛は意味がない?ホルモンとムダ毛の関係とは

子供のムダ毛をキレイにしたいと考える親御さんが増えてきましたが、成長期のお子さんはホルモンの分泌が活発になっていますので、どんどん新しいムダ毛が生えてきます。

 
成長ホルモンは、筋肉や骨などを作る大切な役割を持っていますが、毛母細胞の活動にも大きな影響を与えますので、ムダ毛と呼ばれている体毛の成長も活発になりやすいのです。

 
そのため、エステサロンでの子供向けの脱毛は、ムダ毛を減らすことは出来ますが永久的な効果はありませんので、過大な効果を期待しないようにしましょう。
ただし、効果がないという訳ではありませんので、お子さんがムダ毛に悩みを抱えている場合は、信頼できる安全性の高いサロンで試してみるのもおすすめです。
ムダ毛の量が減るだけでも見た目に違いが現れますので、コンプレックスも軽減されることでしょう。

 
それから、思春期のお子さんは成長ホルモンの分泌だけではなく、生活環境や食生活によってもホルモンバランスの乱れやすくなります。ホルモンバランスの乱れがムダ毛が濃くなる原因にもなりますので、健康維持も兼ねて生活習慣には気を付けてあげるようにしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.