> >

何歳から脱毛するべき?考えておきたい子供の脱毛。脱毛を頭ごなしに否定してはいけない



子供の脱毛

 

子供の脱毛が注目されるようになり、女の子のお子様を持つ親御さんからすれば“うちの子にも必要なのか?”と言う問題が出てきますよね。
しかし、お子さんが望んでいないのなら、親御さんは過剰にムダ毛を気にする必要はありません。

 

 

子供本人がムダ毛をどう思っているのか

子供本人よりも、親が気にして子供脱毛を希望するケースもありますが、本人の意思がなく幼いうちから脱毛を始めると、“毛が生えていることは悪いこと”という、強迫観念を植え付けてしまう事にも繋がるため注意しましょう。

 

“子供がムダ毛を気にするかどうか?”という点は、個人の性格、環境、体質によって異なりますが、一般的にムダ毛を気にするようになるのは、小学校の中学年から高学年にかけた10歳前後と考えておきましょう。

 

現在の子供は、発育が早いため10歳くらいでも大人の身体へと成長が始まってきます。親世代では、ワキ毛の発毛は中学生で始まった方も多いのですが、今は小学生のうちから発毛する子も多く、腕や脚のムダ毛が悩みとは限りません。

 

 

子供の脱毛は親子の意思確認が大切

もしも、お子さんから脱毛したいと言われた時は、親御さんは子供の気持ちになって考えてあげるようにしましょう。

 

“まだ早い、必要ない”と頭ごなしに脱毛することを否定してはいけません。
体育の時間やプール、バレエなどの習い事などで露出をした時など、何気なく友達から言われた言葉に傷ついている事もあります。

 

子供の脱毛は、基本的には“子供が脱毛をしたい”と意思表示をした時で良いのですが、正しい判断を身に付けることが出来ないお子様の分まで、親御さんがしっかりと見極めてあげることが必要です。

 

「親が脱毛をしているから自分も脱毛をしてみたい」という興味半分の子もいれば、ムダ毛をコンプレックスとして抱え込み、「本当は脱毛をしたいのに自分から脱毛したいと言えない」子もいます。

 

 

親の目が届かないところで処理しているケースも

自分から脱毛したい事を言えない子供は、親の見ていないところでカミソリやハサミを使ってムダ毛を処理しているケースもあります。使い方によっては、肌を傷つけてしまうことにも繋がるため、子供が過剰にムダ毛を気にしている場合には、信頼できるエステサロンで脱毛を受けさせてあげましょう。

 

子供の脱毛は心のケアになる場合もあるので、美容目的だけではないことを理解しておきましょう。そして、お子さんのために最善の選択をして、後悔のないように判断して下さいね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.