> >

年代別子供のムダ毛処理方法。未就学児~高校生 年齢に合わせて選択を




未就学児から大人の女性まで、ムダ毛に対する悩みは同じです。
子供の年代によって、ムダ毛処理の方法はいくつか選択肢があります。

 

未就学児のムダ毛処理

そんなに小さいうちからムダ毛処理?と思われるかもしれませんが、腕の毛や足の毛は、本当に小さいうちから生えるものです。
生えていない子供にからかわれる前に処理してあげることも検討してください。

家庭でムダ毛処理をするのであれば、ママが使っている電動シェーバーと同じものを使いましょう。
このくらいの年齢の子供は「ママと一緒」が大好き。
同じシェーバーを使うことで、子供の心に安心感が生まれます。

 

小学生低学年~中学年のムダ毛処理

この頃もママと一緒の電動シェーバーで大丈夫です。
大人がお風呂でカミソリを使っているのであれば、カミソリ除毛は卒業しましょう。
見ていないときに子供がひとりでカミソリを使うことも考えられます。
また、カミソリはお肌への負担が心配です。
黒いボツボツや炎症の原因になりますので、細心の注意が必要です。

7歳から脱毛できるサロンもありますので、プロに脱毛してもらうという選択肢もあります。エピレのキッズ脱毛やや子供でもできる脱毛方法として開発されたディオーネのハイパースキン脱毛などがあります。

 

小学生高学年~中学生のムダ毛処理

学校で男女の身体の違いを学ぶ年頃です。
ムダ毛処理を通して、家庭でもそういったお話をする良い機会です。

ムダ毛処理方法は電動シェーバーでも良いですが、ムダ毛の悩みを根本的に解決したいのであれば、「小学生低学年~中学年のムダ毛処理」でもお話ししましたが、エピレなどのキッズ脱毛や子供でもできる脱毛方法として開発されたディオーネのハイパースキン脱毛など、子供の脱毛を行っている脱毛サロンを検討しましょう。

 

高校生のムダ毛処理

電動シェーバーを既に使っているのであれば、ほぼ毎日処理しないとムダ毛が気になるお年頃。高校生にもなると、ホルモンのバランスが安定してきて脱毛サロンへ通えるようになってきます。ほとんどの脱毛サロンが、高校生からの脱毛を許可しています。

自己処理を続けることと脱毛サロンでの脱毛のどちらが良いのか検討しましょう。自己処理を長く続けると色素沈着や埋没毛、黒いボツボツ毛穴の原因にも。

ワキ脱毛なら、数百円でできるところもあります。

子供の脱毛には親の同意が必須ですので、親子で脱毛サロンのカウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。
 

高校生など未成年の脱毛には保護者の許可が必要

未成年は親権者の承諾書が必要だということを知っていますか?
ほぼすべての脱毛サロンで、承諾書または同意書が必須です。高校を卒業した18・19歳でも未成年なので同様です。

脱毛サロンごとに承諾書は違います。親権者の名前とサイン、はんこが必要です。承諾書はサロンで直接もらっても良いですし、HPからダウンロードもできます。承諾書の代わりに、申し込み時に保護者の同意確認を電話でするところもあります。

未成年者では脱毛できる箇所も制限されます。「銀座カラー」は、未成年の顔脱毛を受けていません。「エピレ」では、顔・VIOラインは親権者と同伴でないと施術しないと定めています。

「銀座カラー」は、親権者と一緒の来店があれば金額は無制限。ない場合は上限5万円まででと設定しています。ちなみに親権者が男性の場合は、入店できないところがあります。

 

学割は大きなメリット

さて、せっかく値段の高い脱毛サロンに通うのですから、高校生という特典を最大限に活かしましょう!高校生は「学割」が使用できます。キャンペーンの期間によって内容は様々です。

例えば「銀座カラー」では、学生3年間脱毛し放題プランや10000円分の脱毛券と学生コース料金10%オフの特典などが過去にありました。また、通常料金とは異なる「Student Price 学生料金」が設定されたりします。最新のキャンペーン情報をチェックして、なるべく安くで通えるといいですね。

 

高校卒業以上のムダ毛処理

子供の意思を聞きましょう。脱毛サロンに興味があるようであれば、まずはやっぱりカウンセリングです。

部分脱毛を繰り返すよりも全身脱毛の方が結果的に金額は安くなりますが、まずはお試し的にワキ脱毛やビキニラインだけを脱毛するのも良いと思います。

 

脱毛サロンに行く必要あるの?

当然ですが、ムダ毛は専門家に処理してもらわないとずっと生えてきます。
ムダ毛の悩みを根本的に解決したいなら、早めに専門家に相談することをオススメします。
専門家とは、脱毛エステや脱毛クリニックの施術者。
プロの施術を受けたことで、なんでいままでやらなかったんだろ?と思った女性は本当に大勢います。

脱毛サロンの価格がとってもお安くなっている現代ですから、これを利用しないのはもったいないです。
子供が脱毛に興味を持ったら、ぜひ親子でカウンセリングに行ってみてください。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.