> >

カミソリ除毛は最後の手段と考えて。自宅でできる子供のムダ毛処理方法




子供が体育に出たがらない、水泳の授業を休みがちになった。
もしかしたらそれは、体毛が気になっていることのサインかもしれません。

 

軽視すべきではない子供のムダ毛

大人なら、人よりもムダ毛が多くても自分の意思で脱毛することができますが子供はそうはいきません。
そして、子供の言動はストレート。体毛が原因で学校に行きたくなくなるなんてこともありえない話ではありません。

では、どのような処理方法が子供の肌に適しているのでしょうか?

 

カミソリでの処理にはデメリットがいっぱい

いちばん安くて簡単なムダ毛処理はカミソリのような気がしますが、これが子供にいちばんやってはいけないムダ毛処理方法です。
ムダ毛が気になり始めるくらいの年齢の子供に刃物は危険ですし、カミソリは1度手を出すと継続して使わないといけません。

カミソリでムダ毛処理すると濃くなると言われていますが、カミソリの影響でしっかりとした毛が生える体質になることは本当にあります。
処理した断面が太く見えることから、毛量が増えて見えてしまうこともあります。

 

子供のムダ毛処理にはいくつか方法があります

1.肌に優しい除毛クリーム

なるべく肌に優しい除毛クリームを探して使ってみましょう。
除毛クリームを使うときの注意は、指定の置き時間を必ず守ることです。
パッチテストも必ず行いましょう。

 

2.脱色クリーム

ボディ用の脱色クリームなら、肌に刃物をあてることなく目立たせなくすることが可能です。

 

3.刃が直接肌に当たらない電気シェーバー

電気シェーバーなら、刃物が直接肌に触れることがないので、安心して使うことができます。
電気シェーバーのマイナス要素はひとつ。刃が肌に当たらないので、剃った直後でもチクチクがあることです。
ただ、安全度は除毛クリームよりも、脱色クリームよりも高いと言えます。

 

処理方法よりも迅速な対応が必要なケースも

カミソリは避けるべきということを最初にお伝えしましたが、もしもムダ毛のせいで子供が学校に行きたくないという状況まで来ているのであれば、その状況が心の傷になる前に、迅速に体毛を処理してあげましょう。
その場合にもし手元にカミソリしか無いとしても、ムダ毛を処理してあげる方が先です。
その後の処理方法は、子供が落ち着いてから一緒に考えていけば大丈夫。

体毛を根本的に処理するには、脱毛クリニックか脱毛サロンに行くしかありません。
家庭内処理と合わせて、脱毛も検討してみて下さい。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.