> >

子供の脱毛は安全性に注意して!自宅でできる子供のムダ毛処理方法



子供の脱毛
小学生の中学年~高学年ほどにもなると、自分の体毛が気になってくることがあります。こどもだからわざわざ処理することもないというのが大人の心ですが、毛が濃いことを指摘されたりからかわれたりすることもあります。最悪の場合にはいじめに発展してしまうこともあるそうです。あまりにもこども本人が悩んでしまうようでしたら、安全な方法で処理をしてあげましょう。ここでは、自宅で考えられるムダ毛処理の方法についてご紹介します。

 

カミソリを使う場合

大人と同様にカミソリで処理する場合は、肌に負担がかからないカミソリを選ぶようにしましょう。また、同じ場所を何度も剃ったり、角度をつけすぎたりしないように注意します。処理をした後はクリームなどで保湿してあげましょう。
自宅でのケアとしては簡単でコストもかかりませんが、体毛に断面ができてしまうので処理を続けないと更に濃くなってしまったように見えることがあります。また、肌表面に刃を当てるので肌負担が大きいです。

 

除毛クリーム、除毛スプレーを使う場合

基本的には大人向けの製品なので、成分には充分注意しましょう。できる限り肌に優しいものを選びます。使う前にパッチテストを必ず行い、処理が終わったら保湿します。カミソリのように肌を傷つけてしまうことはありませんが、薬の作用が強いことから、かゆみやかぶれ、炎症を起こすことも考えられます。

 

脱毛テープ、ワックスを使う場合

テープやワックスは、無理やりに毛を抜く方法であるため、痛みに我慢できないことがあります。また、刺激が強いので除毛クリーム同様、かゆみやかぶれ、炎症などの危険性があります。簡単な方法ではありますが、こども脱毛方法にはあまり向かないようです。

 

抑毛ローションでケアする場合

豆乳を使った抑毛ローションを使って、こどものムダ毛を薄くする方法もあります。肌に負担がかかりませんし、保湿のケアにもなるので安全な方法と言えるでしょう。大人の女性が使った場合と同様、効果が出るかは賛否両論で個人差があります。毛が薄くなるとしても、効果を感じるまで時間がかかるので、長い目で続ける必要があります。

 

最も安全なのはプロの手による脱毛

こどものムダ毛を処理する方法においても最も確実で安全なのは、大人と同様に脱毛サロンや医療機関を利用する方法と言えるでしょう。ただし、こどもの脱毛ができるサロンは限られますし、成長途中なので何度も毛が生えてきてしまうということは覚えておく必要があります。

どうしても自宅でムダ毛の処理をするという場合は、こども自身が誤った危険な方法で処理してしまわないように、正しい方法を指導しなくてはなりませんね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.