> >

サロンでの脱毛に年齢制限がある理由~子供の脱毛ってリスクがあるの?



子供の脱毛
脱毛というと、大人がやるもの、というイメージが強いですよね。こどもでも脱毛するケースがいくら増えてきているといえども、小学生や中学生など、まだ成長していこども達が脱毛施術を受けるなんて体によくないのではないかと思ってしまいます。

ですが、実のところは、こどもの脱毛が体や成長に悪影響を及ぼすという意見はあまり多くありません。しかし脱毛サロンやクリニックでは脱毛施術を受けられる年齢に制限を設けています。16歳以上とか、18歳以上などが多く、もしくは年齢制限はなくても生理が安定的にきているかどうかというサロンもあります。こどもの脱毛が危険ではないなら、なぜ各サロンでは年齢制限を設けているのでしょう。

 

こどもには脱毛効果が感じられない

脱毛において年齢制限が設けられているのは、脱毛効果にはホルモンバランスが大きく作用しているからだと言えます。
脱毛サロンでよく使われている光脱毛や、クリニックで使われているレーザー脱毛は、毛の色素に反応して施術する方法であるため、そのときに生えている毛がもう生えてこないようにするような施術ですそれなのに、こどもたちの体毛はまだまだ成長段階で、全てが生え揃っているわけではありません。何度脱毛施術をしたとしても、成長が続くほど新しい体毛が生えてくるので、いつまでたっても脱毛が終了しないのです。

成長が終わって大人の女性になり、ホルモンバランスも安定してから脱毛施術を始めることで、何度か通う内に脱毛効果を感じることができます。脱毛サロンとしては、このようにいつかはムダ毛がなくなることを目標に施術をするので、低年齢のこどもに対して行っても成長するたび脱毛を続けなくてはならないため、受け付けていない場合が多いのです。また、クリニックでのレーザー脱毛は、サロンでの光脱毛に比べて痛みも負担も強いことがあるので、やはり年齢によって勧められない場合が多いです。

 

光脱毛なら7歳から可能なサロンも

光脱毛では、7歳から可能なキッズ脱毛のプランを提供している脱毛サロンもあります。光脱毛は大人に対しても肌負担が少ないのが特徴ですので、こどもに合わせて弱い出力で施術することもできるため、サロンの考え方によって低年齢でも施術しているということでしょう。もちろん成長過程であるため、またいずれは生えてきてしまうという点は考慮しておく必要があります。

 
こどもに脱毛サロンはリスクがありそうと考え、カミソリや除毛クリームなどを使い自宅でケアするとしたら、その方がよっぽど危険です。先にも挙げたように、こどもの肌は敏感です。セルフ脱毛は本来、大人の肌でも傷つけてしまう方法ですから、こどもの肌に対してはもってのほかです。どうしてもムダ毛が気になって処理したい際は、専門の脱毛サロンなどで施術するほうが安全と言えるでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.