> >

小学生にも悩んでいる子が急増中!子供のムダ毛処理はどうしたら良い?



子供の脱毛
こどものムダ毛の量や毛質にも、大人同様に個人差があります。大人の目線で言えば、こどもだからムダ毛が多かろうが少なかろうがたいしたことではないと思えます。でも実はムダ毛に悩むこどもはとても多くて、その悩みは深刻です。

 

ムダ毛がいじめに発展する可能性がある

例えばプールやダンスなど、体育の授業で肌の露出が多い服装になることがあります。思ったことをそのまま口にしてしまうのが子供ですから、あまり深く考えずに少しムダ毛が濃い子が、友達にそれを指摘されてしまうという場面があります。更にはイジメにまで発展してしまうケースもあるのだとか。大人たちにとっては「なんだ、そんなこと」と思うようなことでも、デリケートなこどもたちは深く悩んでしまうことになるのです。

 

他の子よりも成長が早いことで悩んでしまう

11歳~14歳頃は、いわゆる第二次成長期になり、こどもから大人へ身体が変化していく時期です。また、小学校の高学年にもなると、発育が早ければワキやVラインなどに毛が生える女の子もいるでしょう。友達とは異なる部位に毛が生えていることも、恥ずかしく感じてしまいます。

本来であれば、女性は男性に比べて体毛が少ないのですが、この成長期にホルモンバランスが崩れた状態で分泌されたり、女性なのに男性ホルモンが急激に分泌されてしまうことで、他の人に比べて体毛が多くなってしまう女の子もいます。10代という多感な時期に、友達と比べて腕や口周りの毛が多いことはとても恥ずかしく感じてしまうのは想像できます。自分で剃るなど処理しようとする子もいるでしょうが、「処理をする」こと自体も他の子とは違うので、恥ずかしく感じてしまうのです。更に大人に近づいてくれば、ムダ毛の処理は当然の身だしなみになってきますが、成長のスピードが違うこどもだからこそ、ムダ毛に対する悩みは深いと言えるでしょう。

 

子供のムダ毛の悩みにはしっかりと向き合って

もしもあなたが、ムダ毛が多い子、もしくは体毛の生え方が他の子と違ったり、成長スピードが早い子を持つ親だったとしたら、まずはそんなに悩む必要がないことをしっかり話して、不安を取り除いてあげるよう努力して欲しいと思います。その上で、どうしても悩みが改善されないようであれば、こども向けのムダ毛処理の方法がありますので、一緒に考えてあげましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.