> >

むだ毛の悩みだけじゃない!ママに知っておいて欲しい思春期女子の身体と心の変化



子供の脱毛

 

思春期には、身体と心、両面で大きな変化が訪れます。
「毛が生えてくる」というのは、変化の一面に過ぎません。
今回は、我が子のムダ毛を気にする、その前に、まずお母さんに知っておいてほしい身体と心の変化、について、紹介します。
ここを知っておかないと、安易な発言をして、幼い子どもの心を傷つけてしまうかも。
親子の関係にひびが入ると、なかなか修復が難しいもの、お母さんにも、子どもにも、心の隔たりは、堪え難い悲しみとなるはずです。
小学校高学年のお子様を持つ方は、ぜひ一読頂ければと思います。

 

 

毛が生えてくるだけじゃない!思春期の身体の変化

まず、身体の変化から、紹介します。

 

1.体毛が目立ちはじめる

脇やデリケートゾーンに毛が生えてきます。
最初は、まだらに、産毛が生えてきて、徐々に縮れて濃くなってきます。

 

2.身体が女性らしいラインになる

女性ホルモンが分泌されはじめると、骨盤が発達して、お尻に丸みがでたり、乳房が膨らんだり、女性らしいボディラインになってきます。
「思春期になると太る」と言われるのは、全体的に、脂肪がついて、丸みを帯びてくるためです。
この時期になると、当然、生理がはじまります。

 

 

もう子どもじゃない!身体の変化に対する心の変化

身体の変化にあわせて、心の変化も現れます。
胸が膨らんできたことを恥ずかしいと感じたり、毛が生えてきたのを周りに気付かれたくないけど、どうやって処理したらいいのか分からないのようなことが代表的な悩みです。また、悩みがあっても、お母さんに相談することをためらったり、「●●しなさい」というような言われ方が、子ども扱いされているようで、イライラする、という子も。

 
お父さんやお母さんとの関わり自体を、避けたがる子もいます。

 

 

自分の思春期を思い出してみましょう

内容や程度は、個人差がありますが、思春期の女の子の心は、非常にデリケート、かつ傷つきやすい、と、考えておく必要があるでしょう。
ここで関わり方を間違えると、将来まで続く大きな溝が産まれることも。
心配するあまり、過剰に世話を焼きたくなる気持ちは最もですが、成長を温かく見守る心構えも大切でしょう。
時には、反発されたり、心ない言葉を発することもあるかもしれません。
自我がでてきた証拠、と、大きく構え、親自身も、どんと構える心構えを持っておくことが大切だと考えます。

 
以上、思春期に際する女の子の身体と心の変化、ざっと紹介してきましたが、いかがでしょうか。
毛に関するに限らず、子どもの変化に適切に対応しなくてはならないお母さんは、本当に気苦労がたえないはず。
悩んでいるのは、あなた一人ではありません。
ストレスを溜め込みすぎるお母さんが、一人でも少なくなるよう、心から応援しています。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.