> >

子供のむだ毛が濃くなる原因は大人と同じ、男性ホルモン増加によるもの



子供の脱毛

子供向けの脱毛プラン、皆さんは見かけたことがありますか?
最近ではネット上でも見かけますし、チラシなどでもキャンペーン的なプランを見かけたことがあるのではないでしょうか。
でもそれだけ、子供の段階からむだ毛に悩んでいる子供さんが多いという事になります。

 

 

小さい頃、ムダ毛で悩んだ経験はありませんか?

実際に毛深いということで悩んだ事、小さい時にありませんでしたか?
小学校に入ってから何か毛深いなって気になってソックスとかで隠したり、服で隠したりするのです。
でもプールの授業などになると隠し切れなくなりますのでカミソリなどで剃ってしまうということをしたことは多くの人が経験があることだと思います。

 
ですが、このカミソリで剃ることはやはり刃物を使う事になりますので肌へのダメージも少なからずありますし、失敗すると切ってしまうなんてこともあるのです。
繰り返すことで鮫肌みたいに乾燥肌気味になってしまったという人もいるので手軽だけども出来れば避けたい処理方法だということになります。

 
またカミソリで剃ると濃くなってしまった、という人もいると思います。

 

 

剃ると濃くなる…は事実ではない

そう感じてしまう人も多いかもしれませんが直接、剃ることで更に毛深くなるということは無いようです。
確かに剃ると毛の断面の面積が広くなるので毛が太くなったと見えがちになってしまいます。
また更に毛が頑丈になってしまったというような触り心地になってしまうので多くの人が濃くなったと感じてしまうということなのです。

 

 

ムダ毛が濃くなる原因は男性ホルモン

一般的に毛深くなってしまう原因として決定的なのはホルモンです。
男性ホルモンの量が関係してしまいます。
男性ホルモンが増えてくるとだんだんと腕や脚、わきなどの毛が太く、頑丈になってきてしまうということなのです。

 
それではこの男性ホルモン、どういった条件で増えてしまうのか?ということが気になりますよね。
やはり生活の習慣の中である程度原因があるようです。

 

まず糖分があります

日本人は特に糖分は多めに取っていると感じている人も多いようです。
基本的な主食の炭水化物は最低限の必要がありますが、ご飯やパン、麺の食べすぎによるオーバーやスイーツ、そしてお菓子などを食べ過ぎることで糖分は過剰気味になってしまいます。
この糖分の多い条件がどうやら男性ホルモンが増えてしまう要因ともなってしまうようです。

 

そして運動不足

他にも要因としては運動不足ということが考えられるようです。
当てはまるなと感じる人も多いと思います。
お子さん自身からすすんで体を動かすようにする、糖分を過剰に取らないということが必要になりますので出来そうな範囲から対策してみると良いでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 子供の脱毛

Comments are closed.