> >

痛くない?効果は?子供に安全は嘘?Dione(ディオーネ)のハイパースキン脱毛



子供の脱毛

最近、子供の脱毛方法の選択肢の一つとしてディオーネの利用も注目されています。
サロンなどでの脱毛をする際に心配なのは痛みですよね。

照射音や痛みを恐怖に感じることに

脱毛を怖いと思う理由が音と痛み。
部位や毛の状態によって、照射した時にバチッ!といった音と一緒に弾ける様な感覚があったり一瞬痛みを感じたりするのがあります。
大人はある程度我慢できたりしますが、子供の場合、我慢できるのかどうかというのが非常に気になったりしますよね。

 
人によって痛みの感じ方、我慢できる範囲が違うので非常に心配になります。
また、子供の肌は薄いから刺激やダメージは大丈夫か?ということも心配になってしまいます。
そういった痛み、ダメージなどの心配が少ないとも言われ、子供の脱毛の利用が増えてきているのが脱毛サロンのディオーネなのです。

 

 

ディオーネが選ばれている理由

ディオーネが導入している方法は小・中学生でも脱毛OKと話題の「ハイパースキン脱毛法」という脱毛方法で他の脱毛サロンの光脱毛とは違います。

他の脱毛サロンの光脱毛では成長期の毛などを通じて熱を含んだ光を照射して毛根の働きを抑えるような方法でした。だから痛みを感じる場合があるのですね。

 
ディオーネで導入しているハイパースキン脱毛の場合は成長期の毛ではなく休止期などの毛が生えていない毛穴に照射します。

毛根での細胞分裂を止めるように作用していきますので徐々に毛が生えにくくしていくと考えていくと良いでしょう。

従来のエステのフラッシュ脱毛と比べて、低い温度・低出力で、効果が期待できるので、ヤケドのリスクを軽減、肌ダメージを最小限におさえます。

ハイパースキン脱毛法は、照射している時にほんのり暖かいような感覚になる感じです。
この程度であれば子供さんでも安心して脱毛できるということですね。

 

ハイパースキン脱毛開発物語

ハイパースキン法の施術を行う脱毛機は、株式会社カンナの社長、鉄穴英明さんが独自に開発しました。
この脱毛機が生み出された背景には、鉄穴社長の愛娘である恋文(レモン)ちゃんが腕の毛にコンプレックスを持っていたことがあります。
恋文ちゃんはある日、学校で男の子に「腕に草が生えている!」とからかわれたことから、大好きなプールの時間をこばむようになってしまいました。
それまで明るかった恋文ちゃんが元気を失くしている様子を見て、鉄穴社長は子供でも安全に使える脱毛機の開発に全力を注ぐようになったそうです。
この脱毛機の安心させるなによりの理由は、開発者が愛娘のために作った機械だからともいえるでしょう。

正しい理解を!ハイパースキン脱毛のメリットとデメリット

先に説明した通り、ハイパースキン脱毛法は、メカニズムレベルで、従来の脱毛エステと処理方法が異なります。
この改良によって、処理の際の痛みが少なく、肌への負担、ダメージを軽減、小中学生でも安心して、施術を受けることができるようになりました。
メリットばかりのようですが、「休止期」の毛にだけアプローチするという方法ゆえに、頻繁にエステに通う必要があるのが最大のデメリット。

 
通常のフラッシュ脱毛エステは、数ヶ月に1度、が目安なのに対して、ハイパースキン脱毛法では、3週間に1度、が推奨されています。
また、出力パワーが控えめ、かつ、休止期の毛にだけ効果が期待できる、ということで、「毛が減った」と自覚できるようになるまでには、やや時間がかかるよう。
「脱毛」ではなく「抑毛」と、明記されているので、当然かもしれませんが、「今すぐ毛をなんとかしたい」、小中学生への対応策となるのか、は、少々不安は残ります。

 

脱毛サロンでのケアは1度で終わるものではありません

まとめると、『ハイパースキン脱毛」は、確かに小中学生の子どもでも、安心して通うことができる脱毛エステではあるようです。
継続的にサービスを受けることにより、「毛が減った」と実感できる子も多いと言われています。
ただし、即効性は期待できず、1度エステに行ったから、ツルツルのお肌が手に入る、という類の処理方法ではありません。
親子ともに、サービスの特徴をよく理解して、根気強く、エステに通い続けることができるとすれば、1つの有効な選択肢、と言えるでしょう。

 

ディオーネの子供脱毛には約束事があります

どこの脱毛サロンでも言えることですが、ディオーネ脱毛にも契約時のお約束があります。
特に子供脱毛の場合、保護者が関わってくることなので約束事を親子で理解する必要があります。

1.子供の脱毛には親も同伴すること(送り迎えも含む)

2.ハイパースキン脱毛を保護者も体験すること。自分の子供に施しても良いか、保護者が安全性を確かめること。

3.子供本人に脱毛したいという意思があること、保護者に脱毛させて良いという意思があること。

 
ムダ毛が生えることは女性にとって当たり前のことで、処理にはいろんな方法がありますが、こういった話を親子間でオープンにするのは少々難しいことです。
思春期の子供は、ほんのちょっとした親の言葉で深く傷つくこともあります。
そこに脱毛サロンの施術者というプロが介入することで、脱毛することはちっとも恥ずかしいことじゃないということをスムーズに伝えることができると思います。

 

子供の光脱毛は一般的なの?

実際に今、子供の脱毛というのは広く知られてきています。
運動する時やプールの授業などの時に肌を見られる事になりますから早めに脱毛などをして対策しておきたいものです。
また、ハイパースキン脱毛の場合、2ヶ月、3ヶ月おきでなくても3週間置きでも可能なのでしっかりとむだ毛対策することが出来そうですよね。

 
むだ毛の悩みが原因で授業を受けたくないと思ったり、いじめにまですすんでしまうという例も少なくありません。
そういったことが起きないためにも早めの対策をした方が良いという事で通わせているお母さん達もいるということですね。

 
ディオーネの脱毛に関して痛みの心配はないのですが、若干、他の脱毛サロンに比べると金額が高めな傾向があります。
また、推奨としてある程度悩みが解決された後も一定期間ごとに照射してケアしたほうが良いとも言われていますのでメンテナンス的に通う可能性があると考えると良いでしょう。

▼姉妹サイトでもディオーネの料金やハイパースキン脱毛の詳細、痛み、そしてレポーターが実際にディオーネ(Dione)の池袋西口店で顔脱毛を行ったレビュー・体験記事を書いています。
ディオーネ(Dione)池袋西口店で顔脱毛を体験!痛み&効果は?
ディオーネの「うるツヤ 美顔脱毛キャンペーン」を利用したときの体験談です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

Comments are closed.