> >

おでこの毛はカミソリで剃らないで!額のムダ毛を自分で処理する方法




 
第一印象を左右する顔の表情は、ムダ毛があることでも大きく変わります。
ムダ毛が生えたままでは、顔に影が出来てしまいますので、くすみがあるかのような暗い表情となってしまいます。

そのため、鼻下や口回りの顔脱毛がエステサロンでも人気となっていますが、意外にも「おでこ」のムダ毛ケアについては話が出てきません。みなさんはおでこのムダ毛ケアをどうしているのでしょうか?

 

個人差が出やすいおでこのムダ毛

おでこのムダ毛は、産毛状でほとんど目立たない方もいれば、眉上から髪の毛の生え際まで濃く生えてしまう方もいて、個人差が出やすい個所でもあります。

ムダ毛が薄い方は、おでこのムダ毛を気にしたことがない、産毛が生えていても気になるほどではないという方もいますが、おでこのムダ毛が濃い女性は、どのくらい処理をすれば良いのか?何で処理をするべきか?と密かな悩みとして抱え込みがちです。

おでこのムダ毛の処理をしている方の多くは、”自然さ”を心掛けるようにしています。
生え際までしっかりと処理してしまうと、不自然な毛の生え方となってしまうためです。

また、どうしてもムダ毛が濃く、自己処理では不自然になってしまうという方は、「前髪」を作り、おでこのムダ毛が気にならない工夫をしています。髪の毛で隠しておけば、ムダ毛が生えていようがいまいが、周りに気づかれることはありませんからね。

目立たない方は、わざわざムダ毛ケアする必要はありませんが、コンプレックスとして抱えている方は、自分のムダ毛の濃さに合わせてケアするようにしましょう。

 

おでこのムダ毛をセルフケアでキレイにする方法

おでこのムダ毛は、顔脱毛を得意とするエステサロンで脱毛をすることが可能です。
しかし、産毛の脱毛はワキ毛のような濃いムダ毛よりも、キレイに脱毛することが難しいため、自分でもケアできる簡単なお手入れ方法をご紹介します。

まず、おでこのムダ毛ケアで控えた方が良いのは、カミソリと毛抜きです。
おでこの皮膚は、とても薄くデリケートなので、毛抜きでは刺激が強すぎます。また、カミソリの場合、雑菌が繁殖しやすく、皮脂腺が多いおでこはカミソリが原因でニキビができやすくなるので注意が必要です。

おでこのセルフケアでおすすめなのは、「フェイス用シェーバー」です。
フェイス用のシェーバーなら、優しくムダ毛を剃毛することができますので、肌トラブルを極力抑えられます。

それから、”赤ちゃん毛”と呼ばれる生え際の毛が気になる方は、「脱色」して色を抜くことで目立たなくなります。髪の毛を染めている方は、一緒にカラーリングをしてしまえば、髪の毛の色と馴染んで自然に仕上がりますよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 顔脱毛

Comments are closed.