> >

顔脱毛にオススメのハイパースキン脱毛。3才児でも脱毛できるくらい肌に優しい



顔脱毛

 

顔の産毛って気になりますよね、女性なのにヒゲのように口周りに毛が生えたり、よく見ると頬に産毛が生えていたり。気になるからサロンで脱毛を始めたけれど、なかなか効果が出ないという声もちらほら聞こえます。

 
顔の産毛は色素が薄いので、脱毛器がうまく反応しなかったり、毛周期の関係で脱毛し終わるのに時間がかかってしまう部位なんです。そこで、顔の脱毛に最適な新しい脱毛法「ハイパースキン脱毛」についてご紹介します。

 

 

ハイパースキン脱毛法とは

毛には「毛周期」というサイクルがあり、生えたり、休んだり、抜けたりを繰り返しています。多くの脱毛サロンで採用されている「光脱毛」や「レーザー脱毛」は、生えている毛のメラニン色素に反応して、熱によって毛根にある細胞を破壊することで脱毛するという仕組みです。
そのため、今生えていない毛については作用することができません。ハイパースキン脱毛はこれと反対で、生えていない毛に対して特殊な光をあて、発毛しないようにします。

 
目に見えて生えている毛というのは、全体の毛の30%程度といわれていますので、ほとんどの毛は毛周期の中の生えていない期間(休止期)に当たります。
ハイパースキン脱毛は休止期の毛に脱毛効果があるので、光脱毛・レーザー脱毛よりも多くの毛に対して一度に作用することができます。

 

 

産毛にも効果がある!

光脱毛、レーザー脱毛は「メラニン色素」である毛の色に反応して脱毛するので、色素の薄い産毛にはうまく反応しなかったり、効果が出るまで時間がかかることがあります。
一方で、ハイパースキン脱毛は色素には関係なく脱毛する仕組みなので、産毛にも効果が高いと言われています。

 

 

とにかく肌に優しい!

ハイパースキン脱毛は熱をつかわない脱毛法なので、やけどなど肌トラブルの心配が少ない方法です。光脱毛、レーザー脱毛などは、毛根部分に対して高熱処理をするので、やけどなどの危険がないとは言い切れません。
ハイパースキン脱毛の照射温度は38度程度ですので、「温かい」と感じる程度です。また、光脱毛やレーザー脱毛に痛みを感じる理由は熱にありますので、高熱を使わないハイパースキン脱毛は痛みを感じません。

 

 

こどもでもできる脱毛法!

脱毛サロンの多くは、脱毛できる年齢に制限を設けています。こどものような産毛だと効果が出にくかったり、成長するに連れて発毛する毛があったり、光脱毛ですと痛みを感じる場合もあるためだと考えられます。
ハイパースキン脱毛は産毛にも効果があり、デリケートな肌でも脱毛できる優しい方法ですので、こども脱毛にも多く使われています。

 
顔の脱毛をする場合、光脱毛やレーザー脱毛をまずは思い浮かべてしまいますが、「ハイパースキン脱毛」を採用している脱毛サロンにも注目してみてください。

 

 

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

Comments are closed.