> >

顔の産毛処理は光脱毛とレーザー脱毛のどっちがいいの?



uiehfklanc
脱毛サロンで顔脱毛を行う際に用いられるトリートメント方法として多く挙げられるのは、光脱毛とレーザー脱毛です。

この二つの違いや価格、そして効果やトリートメント方法について今回はお伝えいたします。


顔のレーザー脱毛について

まず顔のレーザー脱毛です。

これは、医療意的な処置が必要になるので、必ずサロンでは医療形態が入っていることが必要不可欠となっています。

扱う際には、医療関係者が行います。

方法は基本的に毛根を焼いていく方法になります。

肌の上の黒、または茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することでおこなっていく原理になり毛や毛根に刺激を与え、脱毛を行います。

また、毛の毛周期のサイクルのうち、成長期にレーザーを施した部分が永久的に脱毛されるといわれています。

1回のトリートメントでは脱毛効果は、わかりにくいですが、3回目くらいの施術から、目に見えて毛が少なくなってきたと感じることができるといわれています。

基本は、5回以上のレーザーは照射しないと、はっきりとした効果を感じるのは難しいといわれています。

医療形態がはいっているので、安心で安全だとおもいがちですが、その分効果や効き目が肌に対して強いため、肌質が弱い人や敏感肌の人には刺激が強すぎることもあります。

一度体験のレーザー脱毛なども格安でできるところもあるので、まずは顔以外の小さい範囲から一度おこなってみて、その効果や肌質の様子を見てから決めていくと良いでしょう。


顔の光脱毛について

これは、レーザー脱毛よりもすこし刺激は弱いものになっているので、回数もレーザーより多くのトリートメントが必要になってきます。

基本的な方法は、強力な光がでるランプから、さまざまな波長が混ざった光を機械から放出していきます。

光脱毛では、産毛の処理ができる波長の光を放出し、その光を毛根部に照射して、毛根を焼くことで脱毛を可能にしていきます。

また光脱毛には、いくつかの名称があります。

それは、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛ともいわれています。

レーザー脱毛とも原理は似ていますが、レーザー脱毛より安価で行え、痛みが弱いのが特徴といわれています。

トリートメント中には、専用のサングラスのようなものを目に装着し、光が直接目に入らないようにしていきトリートメントをおこなっていきます。

痛みは、ゴムではじかれたぐらいの痛みで、ぱちんぱちんと毛根を焼き尽くすように行います。

トリートメントにかかる期間は、処理する範囲の広さや産毛の量によって個人差がありますが、目安としては、1,2カ月に1度のペースで光脱毛を行いを4回~6回のトリートメントが必要といわれています。

顔のレーザー脱毛と光脱毛、あなたはどちらを選びますか?

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 顔脱毛

Comments are closed.