> >

女性必見!顔の正しいシェービング方法とアフターケア



ncvwoihgio

顔の正しいシェービング方法を知ることは、自分の肌質を傷めずに守るという点で非常に大切なことだといわれています。

今回は、自宅で自分で行うシェービングの際の正しい方法についてお伝えいたします。


顔のシェービング方法

シェービングを行う際は、まずはメイクを落としぬるま湯で毛穴を開いた状態からはじめることが大切です。

それを行うことにより、産毛を逆立てることがシェービングを確実に綺麗に行う点で大切だからといえるからです。

もし寒い季節で毛穴が閉じやすかったり、ぬるま湯等が用意できない場合には、ホットタオルを利用して行うのも一つの方法としてあげられます。

また、産毛が逆立つのが難しい場合には、肌にのせた際のテクスチャーの伸びがいいクリームを塗って、毛流れをしっかりとみるとわかりやすく剃りやすいでしょう。

エステサロンなどで行う場合には、ベビーパウダーをはたいて行うのも一つのトリートメント方法です。

そして毛流れに剃って、シェービングを行う際には一度で剃るようにしていきます。

ポイントは同じところは何度も剃り過ぎないことが、肌を刺激せず傷めない上で大切なポイントです。

そして剃る際には、シェーバーを持っていない開いているほうの手で皮膚を引っ張りながら、綺麗に剃っていくのもポイントになってきます。

これは皮膚を伸ばして剃る箇所を平行にし平らな状態にすることでシェーバーの刃がすっと滑らかに肌の上ですべることができ綺麗に脱毛をおこなうことができます。


顔のシェービング後は保湿が大切

次にシェーバーをおこなった後に大切なのが、スキンケアの保湿方法です。

シェービング後はいつもよりも、化粧水の量を増やしてのスキンケアが肌を保護するために大切になってきます。

シェービングを行った後は、肌にいくらかの刺激と負担がかかっている状態なので、しっかりと保湿をし肌に水分を与えキメを整えることが必要になってきます。

そして万が一、肌トラブルの一種としての剃刀かぶれを起こしてしまった場合は、自分でケアを行うのではなく、皮膚科に行き適切な処置を受けることが非常に大切になります。
肌を見て、自分の判断で放置してしまったり、クリームや間違ったスキンケア方法をしてしまったりすると、剃刀かぶれが悪化してしまう恐れもあるので注意が必要になります。


使用後のシェーバーの手入れ

そして使用後のシェーバーは、綺麗にアルコール消毒をし、乾ききった状態で保管することがポイントになります。

水などにつけてしまったり、濡れた状態になってしまっていると剃刀部分がさびてしまうので気をつけましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 顔脱毛

Comments are closed.