> >

顔の産毛のセルフケア方法



jfwqughiq
顔の産毛は自宅で自分でセルフケアを行う人がほとんどです。

今回はその方法や注意点についてお伝えしていきます。

まず脱毛処理の方法として挙げられるのは、スティックタイプの顔用の市販の剃刀や電動式シェーバーなどがあげられます。

スティックタイプの剃刀で顔産毛を自己処理

スティックタイプの剃刀は、細かいところまでケアでき、眉毛や顔の産毛、こめかみ、口周りを綺麗にケアできるというメリットがあります。

眉毛の周りの細かい産毛や無駄毛、口周りの薄いひげ部分、こめかみのフェイスラインに沿った部分の薄い産毛などもしっかりと鏡を見ながら自分でケアすることが可能になります。

また市販で売られている剃刀の金額も、3本で500円ぐらいからと比較的低コストのため、顔のシェービングとして行うものとしては、最もメジャーなセルフケアだといえるでしょう。

デメリットをあげるとするならば、頬の広い面積のシェービングには肌に負担がかかってしまうので不向きともいえます。

また剃刀の刃の部分が、毎日使用していると電動式のものより早く劣化してしまい買い換える必要がでてくるという点があります。


電動式シェーバーによる顔産毛の自己処理

電動式シェーバーは、電気の充電式のもので行います。

シェーバーのもち手の箇所もしっかりとした作りになっているので、面積が広いところや細かい箇所までしっかりと確実なケアができます。

最近では、色々なブランドの美容機械メーカーが新しいシェーバーをこぞって競い合いながら販売しており、その機能は素晴らしいものなので、安心して長く使用したい場合には、お勧めしたい産毛脱毛のセルフケア方法といえるでしょう。

デメリットをあげるのならば、料金が他の市販のドラッグストア等で購入できるシェーバーのものより高いという点と、充電式なので使っていて電池の部分やシャーバー自体が重たいものも存在するという点があげられます。


理髪店やブライダルシェービングでは

また、理髪店やブライダルシェービングなどでは本刃の剃刀も使用しているお店も多いです。

これは昔の脱毛では、当たり前のごく普通の方法として使われていましたが、最近では機械の発達により使われなくなってきているのが特徴的です。

しかし、このやり方を従来から好む人も多いのがポイントです。

石鹸を泡立ててブラシで顔につけ剃っていく方法を行い、本刃のそり心地は滑らかでしっかりと美しいシェービングを行うことができます。

デメリットをあげるのならば、間違って使用すると本刃は切れ味が鋭いので間違った利用方法や自分でのセルフケアは、肌に傷を作ってしまう恐れも出てくるというところでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 顔脱毛

Comments are closed.