> >

気になる顔の産毛処理…セルフ顔脱毛でやってはいけないこととは?




意外と気になる、顔のうぶ毛。
あまり気にならないという方もいらっしゃるのではないかと思いますが、実は、顔のうぶ毛を脱毛することにより、化粧水やクリームが浸透しやすくなる、メイクのノリがよくなる、というメリットがあるんです。
また、ホコリなどがお肌に付着しにくくなるため、吹き出物などのトラブルが減ります。
ところがその反面、紫外線がダイレクトにお肌を直撃してしまうことになるため、日焼け対策を万全に行わなければならないというデメリットもありますが……。

身体の脱毛と同様、顔のうぶ毛脱毛にもさまざまな方法があります。
そこで今回は、顔のうぶ毛脱毛を行うに際して、やってはいけないことをまとめてみました。

 

除毛クリームでの顔脱毛

まず、除毛クリームでの脱毛。
最近では「顔脱毛に使用してもOK!」という触れ込みで販売されている除毛クリームもありますが、特に顔の皮膚は薄くデリケートであるため、できるだけ行わないほうがよいでしょう。

特に目の周辺に除毛クリームが付着し、万が一目の中に入ってしまうと思わぬトラブルが起こってしまう危険性もあります。

どうしても除毛クリームを使用したいのであれば、アルカリ成分の弱い製品を選び、塗布時間を必ず厳守して下さい。
さらに洗い流す際に、除毛クリームが目の中に入らないよう、注意して下さいね。

 

カミソリでの顔脱毛

次に、カミソリによる処理方法についてです。

カミソリを使用する場合には、必ず安全カミソリを使用し、切れ味が悪くなってきたら、すぐに新しい製品と交換しましょう。
切れ味の悪いカミソリをいつまでも使用し続けると、顔のうぶ毛だけではなく、お肌も一緒に削りとられてしまうため、トラブルの原因となります。

また、力を入れて剃らないこと。
体毛でも同様ですが、カミソリでぎゅうぎゅう押しつけるように剃っていると、その部分に色素沈着が起こってしまうことが考えられます。

あくまでも優しく剃ること。
カミソリを使用するのであれば、これが基本中の基本となります。

 

ワックスシートでの顔脱毛

最後に、ワックスシートのお話です。
これは、シートタイプのワックスと考えて下さい。
つまり、シートを気になる部分に貼り付け、一気に剥がすという方法です。

この方法で脱毛を行うコツは、必ず事前にお肌とワックスシートを温めておくということ。そして、放置時間は必ず守りましょう。
放置時間が長過ぎた場合、剥がしたあとにお肌にワックスが残ってしまうことがあります。そのようなときには、いったん蒸しタオルでお肌を押さえ、ワックスが柔らかくなったのを確認してからそっと拭き取ることを心がけ、決してゴシゴシこすらないよう、注意して下さいね。

一気に脱毛できるという意味では便利なワックスシートですが、顔全体を脱毛することはできません。
また、脱毛後には必ず消毒を行い、さらに保湿も忘れずに!

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.