> >

顔の産毛は剃るべき?抜くべき?顔のムダ毛を自己処理する方法と注意点



女性の顔
クリニックやサロンでの脱毛は便利だけれど、お金がかかる上に何度も通わなくてはならず、やけどなどのトラブルが起こらないとも限りません。でも、自分で処理するのも不安……。そんなときのために、今回は、自分で顔のムダ毛を処理するときの注意点をまとめてみました。

 

1. 「抜く」のではなく「剃る」

ドラッグストアに行くと、顔の産毛用の毛抜きが売られています。確かに、これを使うとおもしろいように産毛が取れるのですが、抜いたところから雑菌が入り込んで炎症を起こし、埋没毛を作り出す原因になってしまいます。顔のような目立つ場所に埋没毛ができてしまったら、泣くに泣けません。
顔の産毛を処理するときは、肌をガードしてくれる専用のシェーバーを使って優しく剃るようにしましょう。

 

2. 間隔を空けて処理をする

気になるからといって、週に何度も剃っていれば肌は傷みます。クリニックやエステに通う場合もそれは同じで、次の施術までに最低でも2週間は空けることが多いのです。顔用のシェーバーだからといって過信は禁物。いくらガードが付いていても、ダメージはゼロではありません。蓄積されたダメージに抵抗するため肌がメラニンを作り出し、それが色素沈着を起こせば、シミ・ソバカスの原因になってしまいます。

 

3. 生理前・生理中は避ける

女性の体は、女性ホルモンによってコントロールされています。そして、生理前・生理中はこの女性ホルモンのバランスが崩れ、普段より肌が刺激を受けやすくなっているのです。ですから、生理前・生理中はムダ毛処理は我慢。気になるなら、生理周期に合わせてあらかじめ剃っておくようにしましょう。

 

4. 剃る前の準備に手を抜かない

顔のムダ毛を剃るときは、事前に準備をして肌へのダメージを最小限に抑え、脱毛の効果を上げることが大切です。
まず、蒸しタオルで顔全体を覆い、毛を柔らかくします。そして、顔剃り専用の化粧品を塗り、肌を保護しましょう。後は肌を傷つけないように注意しながら、優しくシェーバーをあてていくだけです。

 

5. アフターケアをしっかりする

ムダ毛を処理したあとの肌は、外部からの刺激にとても敏感になっています。そのまま放置してしまうと肌荒れの原因になるので、処理後は速やかにアフターケアを行ってください。
まず、ジェルやクリームなどの顔剃り用化粧品を、柔らかいティッシュで拭き取ります。そして、化粧水や乳液などを使い、しっかりと保湿しておきましょう。

 

顔のムダ毛処理 注意点まとめ

自分で顔のムダ毛を処理するときは「生理前・生理中の肌が敏感な時期を避ける」「事前の準備やアフターケアに手を抜かない」「優しく剃る」「間隔を空ける」の4つが大切です。大事な顔を傷つけることのないよう、細心の注意を払って行いましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 顔脱毛

Comments are closed.