> >

こういう方は顔脱毛に向かない!エステサロンでの脱毛 注意すべき条件



顔脱毛
顔の産毛をなくして顔色をパッと明るくしてくれる、サロンでの「顔脱毛」。自己処理だと剃ったあとが青くなったり、抜いたあとの毛穴が炎症を起こしたりと何かとトラブルが起こりがちなので、プロの手に委ねるのは正解です。しかし、そんな便利な顔脱毛も、ある条件を抱えている人には向かないことも。顔脱毛に向かない人の条件をまとめました。

 

シミ・ソバカスのある人

サロンでの脱毛に使う機械は、肌の黒い部分に反応するように作られています。そのため、お肌にシミやソバカスがあると、そこにレーザーや光が反応してトラブルを起こしやすくなってしまうのです。
具体的には、一時的にシミ・ソバカスが濃くなる、トラブルのない人に比べて痛みを感じやすい、やけどの危険があるなど。シミ・ソバカスははじめに濃くなったあと、徐々に薄くなっていく人もいますが、心配なときは施術の前にじゅうぶんなカウンセリングを受けましょう。

 

日焼けしている人

これは体のどの部位を脱毛する場合でも同じですが、日焼けしているときはサロンでの顔脱毛を受けることはできません。レーザーや光がメラニンに反応して強い刺激を受けやすくなったり、やけどを引き起こすことがあるからです。また、レーザーや光が分散して脱毛の効果を弱めてしまう可能性もあります。
顔脱毛の予定があるときは、いつも以上にUVケアに気をつかってください。また、できるだけ、紫外線の少ない季節を選んで施術を受けるといいですね。

 

光アレルギーのある人

「光アレルギー」とは、紫外線を浴びることにより湿疹やかゆみなどの肌トラブルを起こしてしまう症状のことで「日光過敏症」とも呼ばれます。
主な原因は服用している薬の副作用、代謝異常、遺伝によるもの、ビタミンやミネラルの不足など。サロンで使う機械の光にも敏感に反応してしまうので、施術を受けることは難しいでしょう。

 

妊娠中の人

妊娠中は体の状態が不安定で、どのような刺激がトラブルにつながるか予測することができません。また、ホルモンバランスが乱れているため、毛の生えてくる周期が安定せず、脱毛の効果が得られにくいので、せっかく脱毛しても結局元に戻ってしまうことが考えられます。
妊娠中は一時的に毛が濃くなりやすいので気になるかもしれませんが「今だけ」と思って我慢しましょう。

 
人工的な光を当てて脱毛するという性質上、どうしても何かトラブルを抱えていると施術を受けることが難しくなります。しかし、シミ・ソバカスはテープなどでガードしながら施術してくれるサロンもありますし、あきらめる前に一度サロンで相談してみることをおすすめします。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 顔脱毛

Comments are closed.