> >

コソコソやっていたムダ毛処理。大人になった頃には肌がボロボロに



自己処理失敗

 

初めてむだ毛の自己処理をしたのが、小学校の高学年の頃でした。
すね毛が気になり始め、親の目を盗んではさみで短くカットしたのが、むだ毛の自己処理の一番最初でした。

 

 

親に見られるのが恥ずかしい年頃のこと

コソコソと自己処理したのを覚えています。
中学生になり、ワキや腕までもが気になりだしました。
友達の家で、やはり親の目を盗んでみんなで処理し合ったことを思い出します。
脱毛ワックスや除毛クリームを友人らと塗りあいました。
ワキは毛抜きで友人に抜いてもらっていました。

 
今思えば、恥ずかしさもなにもない女子中学生でした。
高校生になり、自分で毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったり、お風呂場でしていました。
高校生になってもやはあり親の目を盗んで、自己処理していました。

 

 

ムダ毛よりも肌の汚さが気になるようになってきました

大人になり、今までの我流での自己処理のツケがまわったのか、ワキが鳥肌のようにブツブツになり、一つの毛穴から何本も毛が生えてきたり、生えてきたワキ毛が枝毛だったり、肌自体も黒ずんできて、ムダ毛以上にその肌の状態のほうが気になりだしました。

 
腕や脚はさすがにワキほどにはなりませんでしたが、カミソリでほぼ毎日剃っていたせいか、常に乾燥肌。
毛自体も太くなってしまいました。

 
チクチクと毛が生えてきて、誰にも触られたくない、自分でも触るのがいや、ましてや人前にその肌を見せるのもいやになっていました。
夏いくら暑くても7分袖か、パンツスタイルでした。
ある程度大人になると、むだ毛の自己処理で肌に異常をきたしていることを、母親にも相談するようになりました。

 

 

彼にバレないように自己処理するのも大変

いつも親の目を盗んでしていたむだ毛の自己処理も、その頃には堂々と自己処理をしていました。
母親から自己処理のアドバイスも受けることもありました。

 
しかし、彼には絶対むだ毛は見せたくない。
毎日むだ毛処理をしていることを知られたくない。
そんな思いでした。

 
毎日自己処理することが日課になっていた私。
旅行に出かけた時、彼に絶対ばれないように自己処理するのが、至難の業でした。
私にとっていつの時代も、いつも誰かの目を盗んでむだ毛の自己処理をしているように思います。
もう疲れました・・・。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.