> >

ムダ毛処理失敗。カミソリ傷が大人になった今でも足に残っています



ムダ毛自己処理

 

ムダ毛が気になり始めたのは、中学を卒業するころからです。

 

 

ワキ毛で悩んだ高校時代

高校生のときは、ワキ毛が1番の悩みでした。
主にしていた処理方法は、ワキ用のカミソリで剃って、残った毛は毛抜きで抜くという感じでした。
毛抜きで抜くときには、腕を思い切りあげて、首を傾けての作業なので、肩は痛くなるし目はしばしばしてくるし…と大変でした。

 
一度、体育祭でチアガールをする友だちから、「ワキ毛の処理を忘れたから、カミソリを持ってきて」と頼まれたことがあります。コスチュームがノースリーブで丸見えになってしまうからです。

 

 

脱色剤は肌に合いませんでした

高校を卒業してからは、就職したのでムダ毛処理に少しお金が使えるようになりました。
腕のムダ毛に、脱毛ムースを使ってみましたが、肌が弱く合わなかったのか、かゆくなってしまいました。
次に使ってみたのが、脱色ムースでした。腕のうぶ毛がキラキラ光って見えます。
少し経つと、黒い部分が出始めて、ちょっと不気味な感じになってしまいます。
この2つを試した後、腕にはなにもしないことにしました。

 

 

カミソリ傷が今でも肌に残っています

足のムダ毛には、ワキ毛同様カミソリを使っていました。
ある日、彼氏とデートに行くという時になって、ムダ毛用のカミソリがないことに気付きました。
季節は夏だし、どうしようかと悩んで、普通のカミソリを使うことを思いつきました。
今思うと、なんてことをしたんだろうと反省しきりですが。

 
とりあえず、目立つところを…とカミソリを当てて動かした瞬間でした。
皮膚がすーっと切れて、血がどっとあふれてきたのです。
痛くて痛くて泣きそうでした。
絆創膏はすぐに血まみれになってしまい、役に立ちません。
ガーゼを当て、包帯でぐるぐる巻きにして、なんとか血を止めました。
今でも、その時の傷が足に残っています。

 

 

電動シェーバー、電動毛抜きも試しました

痛い思いをした後、電動シェーバーを買いました。
「毛を挟んで抜く」という製品も使いましたが、抜く瞬間の痛さを我慢できず、すぐに使うのをやめました。
電動シェーバーは、痛くないしいつでも使えるので重宝しましたが、電池をかなり使いました。
今は、5枚刃のシェーバーを使っています。

 
ムダ毛の悩みはつきません。男の人は楽でいいなとうらやましく思います。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.