> >

後悔ばかりの自己処理体験。ありとあらゆるムダ毛処理を試した結果



ムダ毛処理

 

私は中学生くらいの時から、脱毛で悩み続けていました。

 

 

親のカミソリを使っていました

最初は、親のカミソリ(昔なので敢えてシェイバーではなくカミソリの方が合っている気がするので)を使っての自己処理だったのですが、すぐ毛は生えてくるし…で面倒でたまらなかったのを覚えています。

 

それが嫌で、海まで1分とかからない距離に住んでいたのにも関わらず、中学生時代からほとんど海に入ることはありませんでした。
カミソリでの処理の結果、かなり濃い毛の範囲が広がり、どうしようと悩んでいたけど、やらないと大変だし…という葛藤をしながらのカミソリ生活でした。

 

 

友達からの知識で毛抜きでの自己処理を始めました

高校生になり、友達との情報交換の中、毛抜きでの脱毛をするようになりました。
これが、その後の最大の失敗につながるとも知らずに、生えてくると抜くを繰り返しずっとやっていたように思います。
地道な作業なので、腕がだるくなるのと、首が痛くなるのと戦いながら頑張っていました。
だんだんと、肌の色が濃くなるという色素沈着を起こし、毛抜きでの作業も限界になっていきました。

 

 

次にチャレンジしたのが脱色です

が、次にやってみた脱色は、ただ単に毛の色が抜けるだけなのでふさふさ感は変わらず、すぐに却下でした。
とにかく、学生時代の脱毛はつらいばかりで、半袖を着るときは、鏡でチェックしてからだの、彼氏と会う時は最終手段の毛抜きを使ったりとかなり追い込まれていました。
その後、就職により自分で稼げるようになったので、脇の脱毛だけは徐々に減ることで、悩みがなくなっていきました。
そして、次にきたのが、足のひざ下の毛です。

 

 

軽石には全く効果がありませんでした

もともと、毛が薄く、何もしなくてもほとんどわからないほどだったのですが、なぜか、会社の寮に入っている先輩から、「軽石でこすると毛が抜けるので楽だよ」なんて言われて軽石購入&擦るということをやってしまったのが間違いでした。

 

案の定、濃くなり、残念な結果になりました。
この先輩を恨みましたが、どうしようもありません。

 

 

最終的には足も脱毛しました

足だからと思い、毛抜きは使わず、脱色をとにかくすることにしましたが、脱色の場合、すぐにしたから濃い毛が生えてくるというか、毛の途中までが色が抜けて途中から黒い状態になってしまうのです。
しかも、もともと毛もそんなに長くなかったのに、軽石と脱色のせいか毛が長くなっていきました。
結局、足もひざ下を脱毛することになり、無駄な出費だったと今でも後悔しています。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.