> >

Iライン脱毛する前に知っておくべきことまとめ



Iライン脱毛する前に知っておくべきことまとめ


Iラインの脱毛とはどの部分?

Iラインの脱毛と聞いても、どの部分のことなのか、すぐにピンとこない人も多いかもしれません。

Iラインとは、デリケートゾーンの女性器の周辺のことをいいます。
脱毛サロンによっては、体育座りをしたときに見える部分と表現されることもあります。
Iラインを脱毛するときには、そこと隣接しているビキニラインも一緒に脱毛する人がたくさんいます。

さらに、VラインやOラインと併せてVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)をする人も増えてきています。

デリケートゾーンのムダ毛は自分では処理しずらい箇所なので、脱毛サロンに通ってプロに脱毛してもらえたら安心ですよね。


Iライン脱毛をする人が増えている?

脱毛と聞くと、ワキや足や腕が一般的かと思います。

しかし、最近ではIラインなどのデリケートゾーンの脱毛をする人も増えてきているのです。

まずIラインのムダ毛のお手入れを必然しなくてはいけない人は、グラビアアイドルやレースクイーンのお仕事をしている人です。

きわどい水着や衣装などを着て、人前にでるお仕事なので、常に全身のムダ毛の処理をしておかなくてはいけないんですよね。

さらに最近では、セクシーな下着や水着、Tバックといった布の少ないショーツを当たり前に利用している人も増えてきていて、グラビアアイドルやレースクイーンなどのお仕事をしていない一般の人でも、必然的にIラインのムダ毛処理をする人が増えてきた訳です。

せっかくセクシーな下着や水着を履いていても、ムダ毛がはみ出していたら台無しですよね。そうならない為にもIラインの脱毛は必要ということなのです。


Iラインを含むVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)とは?

VIO脱毛という言葉を聞いたことあるでしょうか?
VIO脱毛とはデリケートゾーンの脱毛のことです。

Vラインとは、デリケートゾーンを前から見たときに見える部分のことです。
ビキニラインといわれる所ですよね。
Iラインとは、女性器周辺のことをいいます。
体育座りなどをすると見える部分のことです。
Oラインとは、肛門周辺のことをいいます。
この部位は自分では見ることができませんが、意外とムダ毛が生えている部位になります。

この3箇所を合わせてVIO脱毛といいます。
また、脱毛サロンによってはハイジニーナ脱毛と呼ぶこともあります。

デリケートゾーンは普段の生活で人の目に触れることがない部分なのでムダ毛の処理をしていない人もいるかと思いますが、水着などを着たり、ショーツからムダ毛が出ているのが気になったりしている人もいるのではないでしょうか?

普段、人の目に触れないような場所もきれいに手入れをしていることは、男性の目に触れる機会があった時に、とてもプラスの印象を与えるようです。


Iライン脱毛のメリット

Iライン脱毛をすると、どのようなメリットがあるのでしょうか?


1.水着を着たときにムダ毛がはみ出る心配をしなくてもいい

まずはこの理由が挙げられるのではないでしょうか?
夏は海やプールなど、水着を着る機会が増える季節です。

その時期にほとんどの人が気にしているのは水着からアンダーヘアがはみ出ないかどうかです。

女性なら誰しもこの心配をしたことがあるのではないでしょうか?

特に毛が濃くて、初めからはみ出るとわかっている人は、事前に自分でカミソリなどを使って処理している人もたくさんいるかと思います。

しかし、デリケートゾーンは肌が弱く、カミソリなどを使うと肌へのダメージも強く、カミソリ負けをして赤く腫れてしまうこともあります。

そのような人は特に脱毛サロンなどで、しっかりとIラインの脱毛をしてもらうといいでしょう。

そうすることによって、どんな水着でもムダ毛を気にすることなく、思いっきり海やプールを楽しむことができますよ。


2.きわどいラインのショーツも履ける

彼氏や旦那さんがいる人は特にこれを意識してIライン脱毛に通う人もいるくらいです。
おしゃれな下着を楽しむ為に、ムダ毛があっては台無しです。

きわどいラインのショーツでもムダ毛がはみ出ないように、Iラインの脱毛をしておくといいでしょう。

そうすると、どんなおしゃれな下着でも、ムダ毛を気にすることなく楽しむことができます。

これは季節を問わず、どの時期にでも当てはまることなので、一度しっかりと脱毛しておけば1年中、ムダ毛がはみ出る心配をしなくても、色々な下着を楽しむことができるようになりますよ。


3.生理のときのIラインのムレやかゆみが解消される

実はIラインの脱毛は見た目だけがキレイになるというメリットだけではありません。
ムダ毛がなくなることによって、生理のときにIラインがムレることがなくなり、かゆみに悩んでいた人も解消されるのです。

デリケートゾーンの処理をしていない人は、生理のときの不快感を実感したことがある人が大半でしょう。

とうしても毛が密集しているので、ムレてしまう箇所になります。

Iラインの脱毛をすることによって、ムレを解消するとこによって、Iラインが常に清潔な状態に保たれます。

衛生的にもとても良い事なので、見た目だけではなく、このようなメリットも挙げられます。

このように、Iラインの脱毛はたくさんのメリットがあることがわかります。

見た目もそうですが、衛生的にもメリットがあるIライン脱毛、人気急上昇なのも納得ですよね。


Iライン脱毛のデメリット

Iライン脱毛をするデメリットはどのようなことがあるのでしょうか?


1.脱毛期間中、生えかけの毛がチクチクする

脱毛は1回だけ通えば完了するという訳ではありません。
脱毛サロンに行って、Iラインに光を当ててもらるとその光が当たった毛は数日するとするすると抜けていきます。

しかし、光が当たるのは表面に生えている毛だけなので、皮膚の下で眠っていた毛には光はあたっていません。

なので数日経つと、その眠っていた元気が毛が生えてきます。
これがチクチクの原因となります。

カミソリで処理したことがある人も体験したことがあるかと思いますが、短い毛が生えてくるときはチクチクとして不快に思いますよね。

脱毛サロンではこれを何度も繰り返すことによって、どんどん生えてこない状態になるので、しばらくはチクチク感は続きます。

これはデメリットの1つになるかもしれませんね。


2.一度脱毛を完了してしまうと、生えてこない

Iラインの毛は必要ないと思って、全く生えてこないツルツルの状態にしてしまうと、その後、やはり少し残しておけばよかったと後悔してももう生えてきません。

普段の生活では見えない場所ですが、男性との性行為の際に、毛がなくて男性が驚いてしまったということもあるかもしれません。

そんな時に、少しくらい毛を残しておいたほうがよかったと感じることもあるかもしれませんが、脱毛完了してからではもうどうしようもありません。

脱毛前に、毛を少し残すのか、全部完全に処理してしまうのかは、よく考えるといいでしょう。

Iラインの脱毛のデメリットといっても、これくらいしかありません。
メリットの方が断然多い脱毛となります。

ただ、脱毛する際には、最終的にどれくらいの毛を残すのかは、しっかりと考えてから通うようにしましょうね。


Iライン脱毛は痛い?

Iラインの脱毛はワキや足などと違って、デリケートな部分の脱毛になります。
肌が弱い部分ですので、痛みを感じやすいのは事実です。

脱毛方法にもよりますが、レーザー脱毛は出力が強い為に、痛みに耐えられなかった人もいるくらいです。

レーザー脱毛は比較的肌の強いワキや足などにはオススメできるのですが、肌の弱いデリケートゾーンの脱毛には向いていないかもしれませんね。

脱毛サロンで行われている光脱毛は、出力が弱いので、痛みを感じにくい脱毛方法です。
デリケートゾーンでは痛みを感じる人はいますが、それでも輪ゴムでパチンと弾かれた程度と答えている人がほとんどです。

痛みで通うのが苦痛になるというほどではないので、安心してください。

脱毛範囲も狭く、あっという間に終わるので、少し痛みはあるかもしれませんが、すぐに終わりません。

耐えられないほどの痛みではないので、不安に思う必要はありません。

さらにS.S.C.方式という脱毛方法を採用しているところなら、一番痛みを感じない脱毛方法になっているので安心です。

痛みに弱い人は、S.S.C.方式を採用している脱毛サロンに通うようにしましょう。


Iラインってどうやって脱毛するの?

Iラインの脱毛ってどうのように行われるのか、体験したことがない人にとったら、全く想像もできないかと思います。

脱毛サロンによって脱毛の方法は色々とあるかもしれませんが、一般的にはショーツを履いて施術してもらいます。

何も履かずに、デリケートゾーンがすべて見えている状態に抵抗がある人もたくさんいるかと思います。

しかし、大抵はショーツを履いて、施術する箇所だけ少しショーツをずらして脱毛するというサロンがほとんどです。

なので、無駄にデリケートゾーンをあらわにしている訳ではないので、安心してくださいね。


Iラインを脱毛するときの格好は?

脱毛をしてもらうときに、どのような格好でするのか気になりますよね。

脇や足なら予想がつきますが、Iラインはどのように脱毛するのか、スタッフさんによく見えるように脚をガバッと広げて脱毛してもらうのかなどと思いますよね。

施術時の格好は脱毛サロンによって違ってはきますが、基本的には紙のショーツを履いた状態で仰向けにベッドに寝ます。

そして片足は伸ばしたままで、反対側の足は膝を立てて横に曲げるのです。

こうすると、脚をガバッと開けなくても、スタッフさんにIラインがしっかりと見えるようになるのです。

しっかりと見えるのですが、紙のショーツを履いているので全体が見えている訳ではありません。

この紙のショーツを施術する箇所だけすこしずらして行ってもらえるので、全体が見えることはないのです。

格好も特に恥ずかしい訳ではなく、自然な格好なので、脱毛中に疲れるなんて心配もありません。

それに、女性器の部分は見えないように気をつけて施術してもらえるので安心ですよね。

ただこれは基本はこの格好なので、どの脱毛サロンではこうだという訳ではないのが要注意です。

脱毛サロンによっては四つん這いになったり、紙のショーツを履かないで施術するところもあるので、申し込みをする前に確認するようにしましょう。


Iラインの脱毛って恥ずかしい?

Iラインの脱毛には興味はあるけれど恥ずかしい!と思っている人はたくさんいます。

デリケートゾーンを誰かに見られることに抵抗があるので、自己処理している人も少なくありません。

しかし、自分の目で直接見えない場所なので、自己処理を行うことは大変危険です。

デリケートゾーンの毛は濃く、太いので、毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりしているうちに、雑菌が入り込んで化膿してしまうこともあります。

カミソリで処理をすると、すぐに生えてきてしまいますし、剃ったことがある人なら、生えかけのチクチクする不快感を感じたことがある人も多いでしょう。

そんな危険で不快な思いをするくらいなら、プロに任せて処理をしてもらったほうがいいと思いませんか?

自己処理を重ねていくと、肌へのダメージが積み重なって、毛穴が目立ち、肌も黒ずんでいくばかりです。

そんな状態から抜け出す為には、脱毛サロンで脱毛してもうことが最善策です。

人気雑誌のアンケートのよると、プロに脱毛してもらっている人は6割以上という結果がでています。

今ではそれほど多くの人がプロに処理してもらっているのです。

でもやはり、デリケートゾーンを見られることが恥ずかしいと思うかもしれませんが、相手はプロです。

6割以上の人がプロに脱毛をしてもらっている結果からわかるように、プロの方はそれほど多くの人の処理をしている訳です。

何百人という単位の人を処理しているので、施術者は慣れたものです。
特に恥ずかしがる必要はありませんよ。

それに通っている人も、初回は緊張した人が多くいますが、2回目以降は全然恥ずかしさもなく、普通に通っている人がほとんどです。

最初の一歩だけが勇気がいるようですが、それさえ乗り越えれば、あとは綺麗な肌になっていく楽しみに変わることでしょう。

恥ずかしいと思う必要はなく、婦人科検診などと同じように、相手に任せて通ってみると、意外と気にならないことでしょう。

通っていくうちに恥ずかしさは本当になくなるので、安心してくださいね。


Iライン脱毛はどこまで脱毛するか?

Iライン脱毛をしようと考えたときに、最終的にどのくらいの毛を残すのか、もしくは全部ツルツルに抜いてしまうのか、悩みますよね。

脇や腕ならば完全に全部処理してしまいたいのですが、デリケートゾーンの毛についての考え方は、人それぞれです。

有名人や海外セレブの影響で完全にすべて処理してしまい、ツルツルにしてしまう人もいます。

それに対して、全部の毛がなくなるのは、見た目に良くないので少しだけ毛を残す人もいます。

Iラインの脱毛ならば前から見ても見えない部位になります。

なので友達と温泉などに行った時に心配と思う人も、Iラインは毛があってもなくても見えない場所なので、全部処理してしまってもいいかもしれませんね。
一つ問題なのは男性の意見です。

女友達とは前から見える場所さえ毛があれば、Iラインに毛がなくても不自然に思われませんが、男性には気が付く箇所です。

Iラインの毛が全くないと驚く人もいるかもしれません。

男性もそれぞれ考え方が違うので一概には言えませんが、デリケートゾーンまでお手入れをしている女性に対しては、好感を持てると答えている人がたくさんいることがわかっています。

なによりも男性は清潔感を一番に女性に求めています。

清潔感と言っても人それぞれ感じ方が違うのでわかりにくいのですが、不潔な状態でないと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

Iラインのムダ毛に経血や排泄物がついているような状態だったり、毛量が多くてムレていて不快なニオイがする状態などは不潔ですよね。

これらは男性から見ても、いい気はしないので、改善しておきたい点です。

そう考えると、Iラインをお手入れすることは大事だとわかるのではないでしょうか?
見た目だけでなく、清潔な状態にすることができるのも大事ですよね。

清潔感があれば、毛がなくてもあっても、男性の意見は気にする必要はないのではないでしょうか。

さらに、全然毛がないことに抵抗がある人も、Vラインの毛があれば、IラインやOラインは全部脱毛してしまっても、おかしくはありません。

手入れがされていないデリケートゾーンは敬遠される傾向があるので、手入れをしている分には、プラスの影響を与えると思っていいでしょう。

あとは自分の好みの問題と言えます。

Iラインの毛を全部処理していたら、生理時のムレやニオイの改善につながるので衛生的には良くなります。

常に清潔な状態を保つことができるので、Iラインの毛はすべて処理している人が多くいるのも現状です。

ただ、もしIラインの毛をすべて処理するのならば、隣接するVラインやOラインの毛も一緒に処理するようにしましょう。

Iラインだけきれいに脱毛が完了しても、その前と後ろの毛は生え放題となると、見た目も全然キレイではありません。

むしろ繋がりがなくなり不自然な状態になってしまいます。

毛を薄くしたいだけならIラインだけでもいいかと思いますが、全部をきれいに処理してしまうのならば、VIO脱毛コースを申し込みようにしましょう。


Iライン脱毛時の注意点、事前準備

Iラインの脱毛をするときにはいくつか注意点があります。


1.事前にIラインの処理をして行く

ほとんどの脱毛サロンでは、事前に脱毛箇所のムダ毛処理をしてくるように言われると思います。

Iライン脱毛も脱毛サロンで剃ってくれたりはしないところがほとんどなので、自分で処理する必要があります。

デリケートゾーンなので、カミソリで処理するときには十分に注意してください。

カミソリ負けをして赤く腫れてしまっていたりすると、せっかく処理をしていっても、当日脱毛してもらえなくなります。

肌にトラブルがある場合には脱毛をしてもらえない場合がほとんどなので、事前処理は慎重に行いましょう。

カミソリよりも、肌への刺激がすくない電気シェーバーがオススメです。

それでも今まで処理をしたことがなく、自分で処理をすることが不安だという人はサロンの人に相談してみましょう。


2.Iラインを衛生的にしておく

デリケートゾーンだからといって、エステサロンについてからシャワーを浴びて施術する訳ではありません。

着いたらすぐにそのままの状態で脱毛が始まります。

最低限のエステティシャンに対するエチケットとして、家をでる前にシャワーを浴びるなどして、衛生的にしておきましょう。

脱毛サロンによっては、ウエットティッシュが置かれている場合もあります。
着替えをする際に、それを使ってきれいに拭き取っておくなどしていもいいかもしれませんね。

さらに、匂いが気になったり、おりものの量が多いときなどは、おりもの用の薄いナプキンをつけていくなどの工夫をするといいでしょう。

そうするとこによって、お互い、気分良く脱毛をすることができます。


3.使い捨てのショーツが用意されていないときは替えの下着を持っていく

脱毛サロンによって違うのですが、使い捨ての紙のショーツを準備してくれているところもあります。

その場合は必要ないのですが、自分の下着をつけて脱毛するサロンもあります。

脱毛するときには、専用のジェルを塗ったりして下着が濡れてしまうので、替えの下着を忘れずに持っていくようにしましょう。


生理中のIライン脱毛

Iライン脱毛もそうですが、VIO脱毛のどの部位でも、生理中は施術できな脱毛サロンがほとんどです。

予約をとるときに、生理日に重ならないように注意しましょう。
もし予約をしてしまった日に、生理が予定よりも早くきてしまって重なってしまったときには、すぐに連絡をするようにしましょう。

理由が理由なだけに、それで1回分解消されるということはないはずです。
ただできる限り、重ならないように、前後の日も余裕をもって予約を取るようにしましょう。


Iラインの色素沈着

脱毛をするときには肌にトラブルがないことが大前提です。
脱毛サロンの光脱毛は黒に反応する仕組みなので、色素沈着がある肌にも施術はできません。

しかし、Iラインの色素沈着は別です。
大抵の人は、デリケートゾーンは色素沈着や黒ずみができているものです。

普段は毛で覆われているので気づいていない人がほとんどですが、処理してみると、黒ずんでいるのがわかるでしょう。

あまりにもひどい黒ずみだと施術してもらえないことがありますが、人並み程度の色素沈着なら心配はいりません。

心配なようならカウンセリングの時に相談してみるといいでしょう。

きっと多少の色素沈着はほとんどの人があるので、心配しなくても大丈夫ですよと言われるかと思います。

安心してくださいね。


Iラインの脱毛で毛穴の黒ずみを解消

Iラインの脱毛を自己処理でしてきた人はわかるかと思いますが、Iラインの毛穴の黒ずみはかなり目立つものです。

黒ずみの原因は肌に摩擦を与えているからです。
カミソリで処理をしている人は特に、肌に刺激を与えてしまっているので、メラニン色素が出てきています。

このメラニン色素が毛穴の黒ずみの原因なのです。

毛穴の黒ずみを解消するためには刺激を与えないことです。
つまり、自己処理をやめて、脱毛サロンに通うといいという訳です。

脱毛サロンでは美肌効果があるマシンを使用して脱毛しているので、ムダ毛の処理をしながら、肌もきれいになれます。

そして次第に黒ずみも解消されるのでとてもオススメですよね。
黒ずみが気になっている人は、ぜひ検討してみる価値があるでしょう。


妊娠中のIライン脱毛

妊娠中は妊婦検診でデリケートゾーンをお医者さんに見せる機会が増えますよね。

お医者さん相手なので、ムダ毛の処理をしていなくても全然気にならないと考えている人もいれば、どんな相手であっても、

身だしなみの一つとして、処理をしていかなくては恥ずかしいと考えている人もいます。
賛否両論なのですが、どちらが正しいという訳ではありません。

ただ、お医者さんは毛の診察をしている訳ではないので、毛について何か思う人はいないでしょう。

それでもお手入れをしている人は自己処理をしている訳ですよね。

ただデリケートゾーンは自分で見ることはできないし、肌が傷つきやすい箇所なのでとても危険です。

さらに臨月が近くなると、お腹が大きくて、全く見えない状態になってしまいます。
そうなるとほかの誰かに処理をしてもらわなくてはいけないことになりますよね。

そこで考えるのが脱毛サロンです。
プロに脱毛をしてもらえたら安心ですもんね。
しかし、妊娠中は脱毛を断られるサロンがほとんどです。

これは脱毛の施術自体が胎児に影響を与える訳ではなく、ホルモンのバランスが崩れている時期なので、効果が出にくいということだからです。

ホルモンと毛の生える周期に密接な関係があり、毛の周期に合わせて脱毛サロンに通っていても、無駄になるということです。

せっかく脱毛するのならば、しっかりと効果を実感したいですよね。

ほとんどの脱毛サロンでは出産を終えて、生理が再開し、ホルモンのバランスが整ったらまた通えるというところが多いようです。

出産が終わっても授乳期間だと、まだまだホルモンバランスは崩れている状態です。
すぐにでも通いたいと思う人もいるかもしれませんが、もう少し我慢です。

生理が再開するのを待ちましょう。

妊娠中や授乳中やはムダ毛よりも、赤ちゃんのことをしっかりと考えて過ごし、出産してから通い始めるようにしましょう。


Iラインを脱毛するなら、医療機関?脱毛サロン?

Iラインの脱毛をプロにしてもらうには大きく分けてクリニックなどの医療機関と脱毛サロンの2種類あります。

それぞれメリットデメリットがあるので、自分の希望にあったところを選ぶといいでしょう。

まず、医療機関では脱毛をするときに使う機械の出力が高いので、より効果があると言えるでしょう。

1回での効果をかなり期待できるので、通う回数が少なくてすみます。

さらにもし肌トラブルが起こった際に、すぐに対応してもらえるので安心して通うことができます。

医療機関のデメリットといえば、痛みが強いということです。
出力が強い分、肌への刺激も強くなってしまいます。

特にIラインはデリケートな部分で痛みを感じやすい箇所なので、痛くて通うことができないと感じる人もいるくらいです。

さらに、料金も高いことが挙げられます。
より高い効果を求める人には向いている脱毛方法だと思います。

それに対して脱毛サロンは、痛みが少ないというのがあり、料金も安く、学生さんでも通いやすくなっています。

だた、1回あたりの効果が弱いので通う回数が多くなることがデメリットになるかもしれません。

どちらにしても、自分で体験してみないとわからないですよね。
体験コースなどがあるところでは、体験してみるといいでしょう。


Iラインの脱毛で保険は使えるか?

脱毛をするときには、少しでもお安く施術したいと思いますよね。
脱毛は脱毛サロンだけではなく、医療機関でも行うことができます。
そうすると、保険を使うことができるのか、気になりますよね。

風邪などをひいて、病院で診察をしてもらうときには使える健康保険。
自己負担額は3割でいいので、とても助かりますよね。

そんな保険が脱毛でも利用できたらとてもリーズナブルにできるのではと思う人も多いはず。

しかし、実は保険は利用できないのです。

健康保険の利用目的は病気を治す為に自己負担を軽減させることにあります。
しかし、脱毛は病気の治療ではなく、美容目的になります。
なので、保険は適用外となってしまうわけです。

医療機関だと脱毛の料金の設定が高いけれど、その料金の3割負担で済むなら安い!と考えていた人は要注意ですよ。

保険は効かないので、その設定の料金全額を払わなくてはいけないので、脱毛サロンなど、他の脱毛方法を比べて、じっくり考えるようにしましょう。


クリニックによってIラインの脱毛の料金が違う理由

保険が適用されるものを「保険診療」といい、適用されないものは「自由診療」といいます。

脱毛は美容目的の施術になるので、保険は適用されません。
すなわち、「自由診療」になるのです。

「自由診療」の料金設定は店側が自由に決めることができます。
なのでサロンによって料金設定が大きく異なってきます。

脱毛サロンなどでもたくさんの種類があるので、少しでもたくさんのお客さんに来てもらうようにキャンペーンを行っているところもあります。

そのキャンペーンでお客さんを呼び込んでおいて、ほかの料金が高いコースを勧めるというのも珍しくありません。

とはいえ、できるだけ安くで脱毛をしたいのは誰もが考えることです。

キャンペーンなどはしっかりと内容を確認すれば、とてもお得なコースもあるので、じっくりと考えてみるといいですよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Iライン脱毛

Comments are closed.