> >

女性だからこそ語りたくないIライン脱毛。カウンセリングに行く前に知っておきたいこと



Iライン脱毛

脱毛サロンに通ってることは公言していても、Iライン脱毛をやってることは秘密にしている女性は多いのだとか。
この気持ち、女性なら共感できるのではないでしょうか。
しかし、あまり語られないIライン脱毛だからこそ、正しい情報を手に入れてからカウンセリングに向うことをオススメします。

 

 

Iラインの基礎

Iラインは体育座りのようにひざを立てて座ったときに見える部分のことを指します。
毛量にはかなり大きな個人差があり、範囲が狭い女性もいれば、内ももまで続くくらい広い方もいます。

 
脱毛サロンでIラインを処理する場合、太もも部分は太もも脱毛になるので別料金です。
ムダ毛の範囲が広い方には、脱毛サロンで太もも脱毛も一緒に勧められることもあります。
このとき、自分の本当の毛量を知らないと勧められるがままに契約してしまうことになりますので、カウンセリングに行く前に鏡で毛量を確認しておくことは大切なことです。

 

 

脱毛サロンのIライン脱毛はこうやって行われる

基本的には、紙ショーツや持参のショーツを履いて、仰向けになって足を開いた状態で行われます。
脱毛したい範囲、若しくは粘膜ギリギリまでショーツをズラしてフラッシュを照射します。

 
シェービングが足りないと、この状態でエステティシャンが残っているムダ毛にシェーバーを当てることになるのでちょっと恥ずかしいかも。
時間を有効に使うためにも、自宅でのシェービングはしっかり行っていきましょう。

 

 

自宅シェービングのやり方

ヒートカッターなどである程度長さを短くしたあと、電動シェーバーやIライン用のシェーバーを使って1mm以下に整えます。
カミソリは絶対に使わないで下さい。怪我をしてしまいます。

 
床に鏡を置いて上から見ながらシェーバーを当てるやり方と、椅子などに片足を置いて覗き込みながらシェービングする方法があります。初めてIラインのシェービングをする方は、どちらもやってみて下さい。
キレイに処理できればどちらのやり方でも大丈夫です。

 

 

Iライン脱毛は痛いです

Iラインのムダ毛処理は、痛みとの戦いです。
肌が柔らかい部位なので、痛みを感じやすいのです。

 
しかも、下着との摩擦によって色素沈着を起こしやすい部位でもあるので、他の部位と比較すると抜け落ちがとても良くないです。
脱毛する頻度にもよりますが、満足できるくらいまで脱毛するのに2年以上かかってしまうかもしれません。

 
面倒なことや辛いことも多いIライン脱毛ですが、完了後の自己満足度はかなり高いものがあります。その結果、間違いなく美意識が向上します。
大人の女性として、ぜひ行っていただきたいエチケットのひとつです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Iライン脱毛

Comments are closed.