> >

Iライン脱毛は感染症のリスクもある?!トラブル実例と対処法



Beautiful slim female body
 
デリケートゾーンの脱毛を行うサロンが増えていますが、Iラインの脱毛は「感染症」による性病等のリスクがありますので、サロンやクリニック選びはもちろんの事ながら、自己処理によるお手入れも十分注意しましょう。
Iライン脱毛を行ってから、実際に起きたトラブルについてまとめてみました。

 

Iラインが腫れた!痛い!こんな時どうする?

Iラインは粘膜付近の脱毛になりますので、技術が低いスタッフが施術を行えば、皮膚に炎症や火傷などを引き起こしやすい箇所となります。Iラインの脱毛後に痛みを感じた場合、手鏡を使って自分のカラダの状態をチェックしてみて下さい。

初めて脱毛する方は、痛みが起きても“こんなものなのかな?”と思いこみがちですが、プツプツと水ぶくれ等が出来ていれば、明らかに皮膚が炎症を起こしているサインとなります。

Iライン脱毛後のトラブルで非常に多いのが「水ぶくれ、腫れ、痛み、火傷」ですので、万が一異常が現れた際には脱毛を中止し、皮膚科、または婦人科を受診して下さい。

 

性病になってしまった!Iライン脱毛が原因?

Iラインのムダ毛が性病のリスクを高めるという声もありますが、Iラインのお手入れによって出来た皮膚の傷から、細菌に感染してしまうケースがあります。
また、不特定多数の人達の脱毛を行うサロンやクリニックでは、器具の消毒を徹底しなければ、性病の方からの感染を引き起こす場合もあるので、ムダ毛をなくす事が性病を防ぐと言い切る事は出来ません。

かゆみ、痛み、ニオイ、おりもの異常等が現れた際には、Iライン脱毛が原因であるかはハッキリ断言出来ませんが、性病の疑いがあるので早めに婦人科で検査を受けましょう。

それから、もともと皮膚がデリケートな方は、Iラインの毛をなくしてしまった事により、下着との摩擦を引き起こしやすくなります。ムダ毛を全てなくしてしまう事のデメリットもしっかり把握しておきましょう。

 

生理が来なくなった…生理不順もIライン脱毛によるもの?

Iライン脱毛をしてから、生理が来なくなってしまったという方がいます。
Iライン脱毛が原因で生理不順になってしまう事はほとんどないので、生活習慣などを見直す事が第一です。しかし、脱毛時に激しい痛みを伴っている方は、その痛みが体に大きなストレスとなり生理不順となってしまう可能性はあります。

いずれにしろ、生理が来ない場合は体に負担を与えないためにも、一旦脱毛を中止して様子を見るようにして下さい。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Iライン脱毛

Comments are closed.